ADCnews - アジア[台湾 中国 香港] 情報サイト

映像制作会社「アジアドキュメンタリーセンター」が気になる"アジア”のエンタメ・グルメ・世界遺産など、動画を中心とした取材でお伝えします。

【飲食店応援リポート】青山・日本料理「てのしま」テイクアウト営業中

緊急事態宣言が出され、外出自粛の影響で飲食店はかつてない危機を迎えています。それでも、様々な工夫を凝らし頑張っているお店があります。

青山にある日本料理「てのしま」は、早々とテイクアウトをはじめました。その理由を店主の林亮平さんにお話を伺いました。

f:id:adcnews:20200430163727j:plain

林亮平さん

日本料理「てのしま」

「てのしま」は2018年に開店。香川県出身の林さんが、ご自身のルーツである瀬戸内海に浮かぶ島「手島」の認知を広めようと、どなたでも楽しんでにいただける本格日本料理をテーマに立ち上げたお店です。

お店のInstagramでは、こだわり抜いた店の雰囲気や器、厳選した食材や料理を見ることができます。

(林さんのルーツ 手島の写真 てのしまInstagramより)

 

開店から瞬く間に口コミなどで広がり、人気店に。2年経たないうちにミシュランの星を獲得しています。

 

京都の老舗料亭「菊乃井」出身

f:id:adcnews:20200501134607p:plain

菊乃井 本店

林さんは大学を卒業後、京都の老舗料亭「菊乃井」の門を叩きます。

上海万博では日本産業館のレストランで数々の名店の料理人を束ねる料理長を任されたり、大将の村田さんについて、世界各国で和食を広めるイベントなどを取りまとめたりと常に世界の舞台から和食を見つめてきました。

 

テイクアウト販売

てのしまは、現在の状況を踏まえ、一旦営業を自粛し4月から期間限定でテイクアウトの商品販売をはじめています。せっかく始めるならその場凌ぎの販売ではなく、ご自宅で料理屋の味を楽しめるものにと、工夫を凝らした料理となっています。

f:id:adcnews:20200430124645j:plain

てのしま寿司大

季節に合わせて中身が変わるおいなりさんと、その日の仕入れに合わせて具材が変わる棒寿司。写真は穴子と鰆です。隙間なく折詰されていて親子3人で食べてもお腹が膨れます。おいなりさんの単品は、具材を選べるようになっています。

 てのしま寿司は3種類のシャリを使い分けています。〆た魚には赤酢を入れた旨味の強いシャリを、いなり寿司のシャリは気持ち甘めに。穴子寿司はほんのり甘い穴子に合わせて白酢でさっぱりしたシャリを使っています。
てのしまInstagramより

 

お店では、料理の締めに出てくるご飯。お客さんの食事のペースに合わせて炊きたてを出してくれます。持ち帰り用に油脂を入れ、冷めても美味しくいただけるように工夫をしています。

ご自宅で炊きたてをいただきたい方のために、米と具材と出汁での販売もしています。

 

一番人気は、だし巻き玉子。こうした状況の中、ご自宅で食べるには素朴で美味しいメニューが喜ばれているのかもしれません。Instagramには林さん自らが作っている映像も掲載されています。

 

林さんのこだわりがあります。

テイクアウトの注文は、受け取る2時間前までならオーダー可能にしています。そして、受け取り時間に合わせ調理をし、出来たてを受け取ってもらえるようにしています。

さらに、店で出す料理とテイクアウトで味付けや調理方法を変えているそうです。通常店で出す料理は、お客さんが口にするタイミングに全てを合わせて調理しています。だから、テイクアウトの料理は作ってから1〜2時間後に食べて美味しいように作っています。

これは、菊乃井時代に培ったものだと林さんはいいます。

菊乃井では店で出す料理以外に、お惣菜をデパートなどで販売しています。その料理のほとんどが、菊乃井で働く料理人の手によるもの。普段から店の料理を担当している料理人が味見をしながら作り上げてきた経験とノウハウがあったからこそテイクアウトに踏み切れたといいます。

林さんの思い

外食する人が減り、休業を余儀なくされている店舗が増えていく中、林さんは営業を続けていくことを選びました。困っているのは飲食店だけではなく、食材を提供している生産者も困ることになるからだ。

テイクアウトで通常の売り上げが賄える訳ではないが、こうして続けていくことが、重要だと林さんはいいます。

 

現時点では5月16日までテイクアウトを続け、5月19日から店舗を再開したいと準備を進めています。

こうした時期だからこそ、適正な価格で美味しいものを食べてもらいたい。

林さんの挑戦は続きます。

 

店舗情報

〒107-0062

東京都港区南青山1-3-21   1-55ビル2階
03-6316-2150

ホームページはこちらから

Facebook
Instagram

 

今後の影響につきましては、店舗のホームページなどでご確認ください。

テイクアウト営業(5月16日まで  5月3日〜6日はお休み)

月曜~土曜12:00~19:00(L.O17:00)

www.tenoshima.com

Special Feature - TELL JAPAN to support the international people Living in Japan for half-century

  During this pandemic of the Covid-19, there must be many people who having a lot of anxiety and stress from self-refrain not to go out.

  This is especially true for those who come from foreign countries with the different language and culture. What are their struggles?

  At TELL JAPAN, which offers free English lifeline in Japan, 50% of inquiries at the moment come from those affected by the Covid-19. As a result, the number of calls that they can answer get limited.

  ADC NEWS interviewed with TELL JAPAN, which has been listening to people’s voice and supports them in the diverse Japanese society for over 50 years.

 

f:id:adcnews:20200417211430p:plain

 

  It originally derived from the telephone counselling service for the suicide intervention which started in London in 1953. In 1973, TELL Japan began telephone counselling in English as “Tokyo English Lifeline” to meet the demand of the foreigners living in Japan at that time. Due to the growing international population, it now has another call center in Osaka.

  There are two main services in TELL; lifeline service for those suffering from mental crisis and the counselling service which is offered by professional counselors

  We spoke with the lifeline director Vickie Skorji and the clinical director Billy Cleary.

 

f:id:adcnews:20200417095547p:plain

Vickie Skorji , Billy Cleary

  According to Billy, there are many foreigners who have difficulties adjusting to Japanese society due to fundamental differences in culture and language.

Being in the category of “others” as a foreigner

  Today foreigners are getting more familiar in Japan that you hear the word "foreigner" at least once a day.

  From his own experience of living in Japan, Billy says that "There are many people who feel alienated from Japanese society because they are categorized as "outsider".

  However, why are Japanese so obsessed with the inside/outside category such as Japanese/foreigners?

  "People's identities and values change as they are influenced by their environment. These new values are not always accepted in the existing environment. When they don't fit in the environment well, people tend to feel alienated from society." Vicky says.

  Although the number of foreign residents has been increasing in recent years, the number of foreign residents is only about 2% of the population. the word "gaikokujin’ seems to be one of the factors that creates a big wall. 

  The most important thing is how people can realize that there are people suffering from this sense of alienation.

There is no distinction between Japanese and foreigners in their worries.

  Surprisingly, 50% of TELL's lifeline users are Japanese. Although each users has different backgrounds, for instance, the returnees who have the experience in living oversea for a long time and have trouble adjusting to Japanese society after coming back, or people who have roots both in Japan and overseas and find it easier to speak English. Also, some users call TELL because they couldn't get through some of Japanese lifeline.

  However, despite the fact that there are more than 7000 volunteers working on Japanese lifeline, why are there many Japanese users calling TELL?

  Vickie says it has to do with Japan's unique shame culture and stigma, which makes it difficult to tell others about their problem.

  Stigma means putting a negative label on a particular group. It can be prejudice, discrimination, the reaction of people around you (society), or subjective self-labeling. 

  Billy says when Japanese have a problem, they tend to think that sharing it with others is not the right thing to do. In particular, such a tendency is seen among Japanese clients who come for counseling, and it is said that there are many patterns in which they do not talk about their worries out of this stigma, and they come for counseling only after their mental state becomes serious.

  The lifeline at TELL which offers completely “anonymous” and “English”, so it may be a place where, unlike in Japanese society, the users are able to unburden themselves with their concerns.

Watch the interview with Vickie and Billy to learn more about their activities.


Interview with TELL JAPAN (1/4)

 

  TELL has been providing counseling services along with lifelines since 1991.

  In Japan, you can work as a psychological counselor even without its qualification. Against this background, TELL has begun to provide qualified counselors who meet certain standards so that users able to consult with them with peace of mind.

  TELL also offers counseling in four languages: Japanese, English, Chinese and Spanish.

 

About counseling, living as a foreigner and stigma in Japanese society


Interview with TELL JAPAN (2/4)

  It's natural to go to hospital if you get sick, however, not many people go to hospital when they feel stressed. Even if you go to a psychiatrist or psychosomatic medicine, it is difficult to afford to give enough time for each patient due to the cost aspect, Moreover, the treatment relies on the medical treatment. These treatments can save the patient’s life, although it doesn’t give fundamental solutions to their problem. 

  Billy, who is in charge of counseling, says that the most important thing is to create an environment where the client can feel secure and talk about their problem in peace of mind. The main purpose of counseling is not a "cure". It is to help the client improve their ability to become aware of their own concerns and to be able to solve problems and make decisions on their own.

  TELL JAPAN is also actively working to improve awareness in schools and companies.

Need for outreach programs

  A joint study conducted by the United States, Britain and Australia found that 50% of young population in developed countries had some sort of mental health problem by the age of 14, with the probability rising to 75% by the age of 24.

  Suicide is the last thing that should be avoided. In Japan, the suicide rate of young people has been a problem for a long time, and a date shows that the rate is overwhelmingly high compared to other developed countries.

 

f:id:adcnews:20200428003510j:plain

(Data) Cited from Ministry of Health, Labour and Welfare website


  TELL JAPAN organizes workshops at international schools and other schools with many returnees from overseas. The goal is to make sure that vulnerable groups, especially LGBTQ and women, know that there is a place to consult when they need help.

  The workshop also addresses students, teachers, and parents about possible causes of suicidal behavior, how they perceive signs of people needing help, and how they should support others who are distressed.

  Suicide is a difficult topic to talk about, but it's easy to avoid. These activities are meant to deepen the "awareness" and "understanding" of the people around them.

 

 

  Activities spread not only to schools but also to companies. In Japan, since 2015, companies with 50 or more employees have been obligated to conduct stress tests. TELL supports the mental health of employees by conducting stress tests on their behalf and providing counseling sessions if necessary. It is also essential to approach the management side to help employees who need mental health support.

It's important to "aware" your problem and treat it as soon as possible

  Vickie says it's important to recognize and deal with these mental problems as soon as possible. If you leave it, the symptom will get worse and the possibility of aggravation will increase.

  In other words, most of the personal worries come from society. It may be a personal relationship or a relationship with society as a whole, however, I don’t think that it can be avoided separating from society in any case. I think it is essential to give it back to the society from which it was born, rather than having problems internally in such times.

  Through this interview, I learned that it is important to improve the "awareness" and "understanding" not only for those vulnerable but also for the society as a whole.

(Interview March 6, 2020)

 

Contact TELL JAPAN

  TELL Lifeline is designed for people in crisis or need immediate help.
  TELL offers free telephone consultations in English throughout the year.

  The lifeline usually accepts call from 9 AM to 11 PM, but the response time may be changed since the declaration of an emergency due to the covid-19. The call centers in Tokyo and Osaka have been temporarily closed since April 13, and volunteer staff are at home answering the phone or using online chat services. See below for details.

 


Interview with TELL JAPAN (4/4)

Support TELL

  The non-profit organization TELL holds a wine auction once a year for the fund raising. Unfortunately, it was cancelled this year due to the covid-19.As Japan becomes more internationalized, organizations like TELL plays an important role in supporting our society. Please donate them so that they can continue to support our community.

 

【特集】日本在住外国人の悩みに寄り添い半世紀 TELL JAPAN

外出自粛の中、大きな不安やストレスを抱える人は多いはずです。それは言葉も文化も違う異国の地からやってきた外国人ならなおのこと。彼らはどんな悩みを抱えているのでしょうか。

英語による無料電話相談を受けているTELL JAPANでは、現在問い合わせのうち約50%が新型コロナによる相談なのだそうです。それに伴い、普段以上に一つの電話に対応する時間も長くなっており、結果的に対応できる電話の数が限られてしまっているといった状況になっているそうです。

日本に住む外国人も増え、多様化していく日本社会で、悩みを抱える人々に耳を傾けるTELL JAPANに話を伺ってきました。

 

f:id:adcnews:20200417211430p:plain

TELL JAPAN

 

TELL JAPANの歴史は古く、元々は1953年にロンドンで始まった自殺予防の電話相談がルーツ。1973年に「東京英語いのちの電話」として英語での電話相談を開始しました。今では日本全国に活動を展開しています。

こちらでは、自殺などの精神的危機で苦しむ方々の悩みを聞く電話相談(ライフライン)と、心の悩みを解消するために専門スタッフによる助言を行うカウンセリングを行っています。

お話を伺ったのは、ライフラインディレクターのビッキー・スコージさんとクリニカルディレクターのビリー・クリアリーさん。

f:id:adcnews:20200417095547p:plain

TELL JAPAN ビッキーさんとビリーさん

 

ビリーさんによると外国人相談者の中には、文化や言葉の違いなど根本的な差異から、なかなか日本社会に馴染めずに悩みを抱える人も多いそうです。

外国人として「他者」のカテゴリーに属するということ

最近では「外国人」という言葉を一日に一度は耳にするくらい外国人が身近な存在になってきています。

「“外”国人として日本社会の“外”のカテゴリーに属されてしまうことは、日本社会から疎外されたように感じ悩む人も多い」と、自身の経験を踏まえてビリーさんは言います。

しかし、どうして日本人はここまで日本人/外国人という内/外のカテゴリーにこだわるのでしょうか?

「人のアイデンティティや価値観というものは住む環境によって影響を受けながら変化していくものです。そうして生まれた新しい価値観というものが既存の環境で、必ずしも受け入れられるとは限りません。うまく適合できなかった時、人は社会から疎外感を抱きやすい」とビッキーさんは言います。

近年在住外国人が増えてきたとはいえ、外国人は人口のわずか2%ほど。“外”国人という言葉も、大きな壁を作っている要因のように思えます。

大切なのは、この疎外感に悩んでいる人がいるということに、カテゴリーの内側にいる人々がいかに気づけるかということではないでしょうか。

悩みに日本人/外国人といった区別はない

驚くことにTELLのライフライン利用者のうち約50%は日本人だそう。海外経験が長く、帰国後日本人社会に馴染めずに悩んでいる人や日本と海外両方にルーツがあり英語で話すほうが話しやすいという人などその背景は人それぞれです。英語の話せない日本人も相談してくることもあるそうです。

しかし、日本全国に7000人のボランティアが対応する「いのちの電話」などの電話相談があるにもかかわらず、何故ここまで英語ライフラインの日本人利用者が多いのでしょうか?

ビッキーさんは、日本特有の恥文化や他人に悩みを打ち明けづらいスティグマが関係していると言います。

スティグマとは、ある集団に対してネガティブなレッテルを貼ることを意味します。それは偏見や差別だったり、周囲(社会)の反応、当事者が主観的に自己にレッテルを貼ってしまうことでもあります。

ビリーさんによると、日本人は何か悩みを抱える時、それを自分や家族以外の他人と共有するのは正しいことではないと考える傾向にあるそうです。特にそういった傾向はカウンセリングにくる日本人相談者に見受けられ、このスティグマからなかなか悩みを外に打ち明けれず、精神状態が深刻になってからようやくカウンセリングを受けにくるというパターンが多いそうです。

「匿名」かつ「英語」を介する相談窓口は、利用者にとって日本社会とは違ってあまり恥を感じずに悩みを打ち明けられる場所なのかもしれません。

 

インタビュー動画

彼らの活動が詳しくわかるお二人のインタビューの様子をご覧ください。


TELL JAPANの沿革とライフラインについて



TELLでは1991年からライフラインと並行してカウンセリングサービスも提供しています。

カウンセリングは、日本では資格を保有しなくとも心理カウンセラーと名乗って業務従事できるというのが現状です。こうした背景から、TELLでは利用者が安心して相談できるよう一定の基準を満たした資格を持ったカウンセラーを提供しようと始まりました。

TELLのカウンセリングでは、日本語、英語、中国語、スペイン語の四か国語に対応しております。

 

カウンセリングについて、日本社会で外国人として生きることについて


Interview with TELL JAPAN (2/4)

 

体調が悪くなれば病院にいくことは当たり前なのに、ストレスを感じている時に病院へ行こうとする人はあまり多くないと思います。たとえ精神科や心療内科にかかったとしても、莫大なコストの面から患者一人ひとりに時間をかけることが難しく、結局治療法は薬頼みだったりするのが現状です。こうした治療は患者を生かすことはできても、問題の根本解決にはならないと言います。

カウンセリングを担当するビリーさんは、相談者が落ち着いて安心できる環境づくりを最も大切にしているそうです。カウンセリングの最大の目的は「治癒」ではありません。相談者が自己の悩みに気づき、自身で問題解決や意思決定をできるようになる能力を増進できるように援助してくことが大きな目的です。

TELL JAPANでは学校や企業の中での意識改善にも積極的に力を注いでいます。

アウトリーチプログラムの必要性

アメリカ、イギリス、オーストラリアの共同研究によると、心の健康である、メンタルヘルスの問題は先進国の若者のうち50%が14歳までになんらかの問題を抱え、その確率は24歳になると75%まで上がります。

特に一番避けたいのが自殺。日本では若者の自殺率は以前から問題となっており、その割合は他の先進国と比べても圧倒的に高いというデータがあります。

f:id:adcnews:20200418141851p:plain

急増する若者の自殺率。助けを求め連絡をくれる方々を待つだけではなく、彼らが出向き発信することが急務だといいます。

TELL JAPANでは、インターナショナルスクールなど海外帰還者が多く在籍する学校へ出向きワークショップを行っています。目的は特にLGBTQや女性といった当事者になりやすい層に、助けが必要な時に相談できる場所があるということを知ってもらうこと。

またワークショップでは自殺行動の原因になりうるもの、助けを要する人のサインをどのように感じ取るのか、周りに悩む人がいたらどうサポートをすべきかなどを、生徒や教師そして両親にもアプローチを行います。

自殺というとなかなか話しづらく避けてしまいがちなトピックではあります。こうした活動こそ、周囲の「気づき」と「理解」を深めることができるといいます。

 


Interview with TELL JAPAN (3/4)

 

活動は学校だけでなく企業にも広がります。日本では2015年より従業員が50人以上の企業に対しストレステストが義務付けられるようになりました。TELLではこのストレステストを会社を代理して実施し、必要であればカウンセリングセッションを提供するなどして従業員のメンタルヘルスケアのサポートを行っています。またメンタルヘルスで助けが必要な従業員にどういったサポートをしていくべきか管理部へのアプローチも欠かしません。

大切なのは早く「気づき」治療すること

こうした心の問題はなるべく早く自分の心がSOSを発していることに気づき、対処することが大切だとビッキーさんは言います。放ってしまうと症状が悪化し、深刻化する可能性が大きくなるからです。

考え方を変えてみると、個人の心の悩みの大半は社会の中で生まれます。それは人間関係だったり社会全体と個人の関係だったり様々かもしれませんが、社会とは切っても切れない関係性にあると思います。

社会との関係のこじれから生まれた悩みというものは時に自己解決できないこともあると思います。そんな時に問題を抱え込むより、結局は出所でもある社会に還元するということが状況を打破するために必要不可欠のように感じました。 

もちろん当事者だけでなく社会全体が悩んでいる人への「気づき」と「理解」の意識改善をしていくことは大切です。互いに改善に向け歩み寄りをすることこそが日本におけるメンタルヘルス問題向上への道のりだということが今回のインタビューを通して学ばせていただきました。

(取材  2020年3月6日)

 

TELL JAPANへのお問い合わせ

TELL Lifeline では、危機にあるなど早急に助けが必要な人への
英語による無料の電話相談を年中無休で受け付けています。

03-5774-0992
9:00 ~ 23:00 (年中無休)

チャットによる相談も可能

現在の対応状況については
※ウェブサイトをご確認ください。

 

カウンセリングへの問い合わせ
03-4550-1146 (英語)
03-4550-1147 (日本語)
月曜日〜金曜日 
10:00 〜15:00

 


Interview with TELL JAPAN (4/4)

 

新型コロナウイルス対応について

TELL JAPANでは、コロナウイルスに関する情報をホームページ上で英語で公開しています。

Coping With A Pademic / TELL JAPAN

 

普段は朝9時〜夜11時まで相談を受け付けているライフラインですが、緊急事態宣言を受けて対応時間が少し変わってきています。4月13日より東京と大阪にあるコールセンターを一時閉め、ボランティアスタッフは在宅でオンラインチャットサービスと併用しながら電話対応に当たっているようです。ライフライン対応時間は日によって異なります。詳細については下記をご覧ください。

Changes To Lifeline Phone & Chat Hours During COVID-19 | TELL Japan


 

 

お願い

NPO法人TELLでは資金調達を目的としたワインオークションを年に一回開催しています。今年は新型コロナの影響で残念なことに中止となってしましました。
国際化していく日本において TELLのような団体はまさに日本社会を支える大切な役割を担っています。存続していけるよう、ぜひご支援お願い致します。

 

サイト運営元
株式会社アジアドキュメンタリーセンター
(ADC,Inc. /亞洲紀録片中心有限公司)
東京都渋谷区富ケ谷2-14-8-301
TEL (81)3-3481-0808
FAX (81)3-3481-8880
ADCHPへはこちらから
お問い合わせはこちらへ