読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADCnews - アジア[台湾 中国 香港] 情報サイト

映像制作会社「アジアドキュメンタリーセンター」が気になる"アジア”のエンタメ・グルメ・世界遺産など、動画を中心とした取材でお伝えします。

【台湾映画情報】五月天の石頭(STONE)×カリーナ・ラム主演映画『百日告別』が2017年春公開決定

台北映画祭2015のクロージング作品に選ばれ、第28回東京国際映画祭でもチケットが即時ソールド・アウトした話題作『百日告別』(東京国際映画祭上映時の題名『百日草~百日告別 Zinnia Flower』)が、2017年早春、渋谷ユーロスペースにて公開されることになりました。

 

f:id:adcnews:20161013150108j:plain

 

監督は、日本でも人気の絵本作家ジミー・リャオ原作の『星空』や脚本も担当した青春映画『九月に降る風』のトム・リン監督。

 

この『百日告別(ひゃくにちこくべつ)』はトム・リン監督の実体験をベースに、普遍のテーマである“死=喪失”と“愛”をリアルに描いた作品です。

 

トム・リン監督とSTONE(石頭)は、五月天のMV<如煙>の監督をしたときに知り合い、『星空』への出演(主人公の先生役)を経て、この作品のキャラクターにぴったりだと思い、出演を依頼したそうです。

あらすじ

 数台の車による大きな玉突き事故に巻き込まれ、心敏(シンミン=カリーナ・ラウ)は結婚間近の婚約者を、育偉(ユーウェイ=シー・チンハン)は妊娠中の妻を失った。
その事実と悲しみを受け止められないふたりを置き去りに、周囲の時間は流れてゆく。心敏の婚約者の両親は彼女に、遺体を高雄に連れ帰ると言い渡す。
初七日、山の上の寺を訪れた心敏と育偉。
同じ日に同じ寺を訪れ、それから節目ごとに大勢の人たちと並んで読経するようになった。やがて…。

 

愛する人を突然亡くした時、人はどれだけの時間をかけて、どのように心の空洞と向き合い、いかに生き続ける気力を取り戻すのか-----。

主演は、結婚・育児休業後のカムバック作品となるカリーナ・ラムと、来年2月に武道館でのコンサートが決定した台湾のスーパーバンド【五月天/Mayday】のギタリストであるSTONE(石頭)ことシー・チンハン。

全編に流れるピアノ曲ショパンエチュード等)、台湾と沖縄の美しく優しい風景が深く心に染みわたる本作は、台湾金馬奨カリーナ・ラムが最優秀主演女優賞を、シネマジアではタイガービア賞を獲得しました。

 

 上映が楽しみですね。

 

 映画情報

監督:トム・リン(林書宇)『星空』『九月に降る風』

出演:カリーナ・ラム(林嘉欣)『カルマ』『男人四十』 
   シー・チンハン(石錦航)『星空』 
   マー・ジーシアン馬志翔)『セデック・バレ
   アリス・クー(柯佳嬿)『モンガに散る』

音楽:アコン(ソーダグリーン)

©2015 Atom Cinema Taipei Postproduction Corp. B'in Music International Lt d. All Rights Reserved

2015年/95分/台湾映画/中国語・日本語/原題:百日告別(英題:Zinnia Flower) 

配給:パンドラ 

 

 

サイト運営元
株式会社アジアドキュメンタリーセンター
(ADC,Inc. /亞洲紀録片中心有限公司)
東京都渋谷区富ケ谷2-14-8-301
TEL (81)3-3481-0808
FAX (81)3-3481-8880
ADCHPへはこちらから
お問い合わせはこちらへ