読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADCnews - アジア[台湾 中国 香港] 情報サイト

映像制作会社「アジアドキュメンタリーセンター」が気になる"アジア”のエンタメ・グルメ・世界遺産など、動画を中心とした取材でお伝えします。

【台湾映画情報】『太陽の子(太陽的孩子)』日本初上映 鄭有傑チェン・ヨウチェ監督インタビュー

勒嘎.舒米(レカル・スミ)監督の映画には僕の原点がたっぷり詰まっていた
僕が味わった感動をもっと多くの人に伝えたい ーー 鄭有傑監督

 

f:id:adcnews:20160627132557j:plain

 

6月24日台北駐日経済文化代表処台湾文化センターで、映画『太陽の子(原題:太陽的孩子)』日本初上映会が行われました。『太陽の子』は昨年公開され話題になった作品で、ジャーナリストの野嶋剛さんが鄭有傑(チェン・ヨウチェ)監督、勒嘎‧舒米(レカル・スミ)監督と直接交渉し上映権を獲得。台湾文化センターと台湾映画同好会の共催で日本初上映にこぎ着けました。

 

f:id:adcnews:20160625112045j:plain

 

 


《太陽的孩子》正式預告-有一種力量,叫溫柔

台湾・花蓮の先住民・アミ族が暮らす港口集落。美しい海岸線に張りつくように広がった長い歴史を持つ小さな村に突然持ち上がった、大型ホテル建設計画。先祖伝来の土地が失われる危機に、村人たちは『開発か、伝統か』の間で大人も子供も悩みながら、必死に次々と起きる困難に立ち向い、伝統の米『海稲米』の復活に賭けることで、いったんは失われかけた『絆』を取り戻していく。

実話をもとに映画化され、2015年の公開後、台湾社会に感動を巻き起こした家族と故郷の再生物語。映画『陽陽』監督の鄭有傑(チェン・ヨウジエ)と、この物語の実際の主人公であるアミ族の女性の息子、勒嘎‧舒米(レカイ・スミ)の2人による共同監督。アミ族のアーティストである舒米恩(スミン)が、台湾金馬奨の最優秀オリジナル映画主題歌賞(最佳電影原創歌曲獎)を受賞した主題歌『不要放棄』を歌い上げる。

映画『太陽の子』Facebookページ(日本語)

穏やかな台湾の田舎の風景。家族を思う気持ちや、先祖が残してくれたものを護る気持ちが映像を通して伝わってきて、思わずグッと来る場面が何度もありました。太陽花学運や台湾原住民などの台湾の事情を知っていても知らなくても、それぞれ観ている人が共感できる何かかがこの映画にあります。

映画上映後のイベントでは、ジャーナリストの野嶋剛さんと、この日の為に台湾から駆けつけてくれた鄭有傑(チェン・ヨウチェ)監督の対談、野嶋さんが実際に撮影地を尋ねた写真を元に魅力を語ってくれました。

その模様はまた改めてご紹介しますが、今回はイベントの前に行われた鄭有傑(チェン・ヨウチェ)監督のインタビューをご紹介します。

鄭監督のお父さんが日本に住んでいた事もあり、日本語が話せる為、今回は日本語でのインタビューとなりました。

 

 

鄭有傑(チェン・ヨウチェ)監督がこの映画を作るきっかけになった映画『海稻米的願望』は、勒嘎‧舒米(レカル・スミ)監督のYoutubeで見る事ができます。

 

海稻米的願望

 

インタビューの後半は、鄭有傑(チェン・ヨウチェ)監督がこだわった音楽について。主題歌を歌うアミ族のスミンさんを選んだ理由や、その苦労を語ってくれています。また、ドラマ『ショコラ』や『秋のコンチェルト』にも俳優として出演している鄭監督。俳優と監督、どちらが好きなのかも伺いました。

 

 

スミン(Sumig 舒米恩)さんは、本日行われる台湾のグラミー賞である金曲奨の最佳年度歌曲獎(ベストソング賞)に不要放棄Aka pisawad(母語版)《太陽的孩子 Wawa No Cidal 電影原聲帶》がノミネートされています。結果が楽しみですね。

(追記)6月25日に行われた金曲奨で見事、ベストソング賞を受賞しました。
    Sumingさんおめでとうございます!!

 


《太陽的孩子》電影主題曲-不要放棄Aka pisawad (阿美族語版)

この楽曲だけでも映画の魅力がたっぷりと伝わってきます。

一度見てみれば映画の魅力が必ずわかってもらえると話す、鄭監督。勒嘎‧舒米(レカル・スミ)監督と現地の皆さんと一緒に作り上げた映画『太陽の子』。思いがたっぷり詰まっています。是非一度映画を見てみてください。

◎開催情報

開催日:2016年6月24日
場所:台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター

イベント名:台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター虎ノ門新設1周年記念行事「台湾カルチャーフェスティバル」【映画】台湾映画上映会③『太陽の子』

共催:台北駐日経済文化代表処台湾文化センター、台湾映画同好会

協力:一期一會影像製作有限公司、野嶋 剛

 

サイト運営元
株式会社アジアドキュメンタリーセンター
(ADC,Inc. /亞洲紀録片中心有限公司)
東京都渋谷区富ケ谷2-14-8-301
TEL (81)3-3481-0808
FAX (81)3-3481-8880
ADCHPへはこちらから
お問い合わせはこちらへ