読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADCnews - アジア[台湾 中国 香港] 情報サイト

映像制作会社「アジアドキュメンタリーセンター」が気になる"アジア”のエンタメ・グルメ・世界遺産など、動画を中心とした取材でお伝えします。

【桜庭ななみインタビュー】第2回 台湾ドラマ『戀愛沙塵暴』出演

桜庭ななみ 台湾ドラマ 戀愛沙塵暴 中国語 北村豊晴 あの頃、君を追いかけた ジョウバーダオ

女優の桜庭ななみさんが、8月19日から台湾でスタートした連続ドラマ『戀愛沙塵暴』第5・6話にゲストで出演します。残念なことに日本ではまだ見ることの出来ないドラマですが、桜庭さんにドラマについて伺ってきました。

 

f:id:adcnews:20160905144846j:plain

 

まずは、ドラマの予告編をご覧下さい。

 

 

 ドラマ出演のきっかけは、台湾留学時に今回のドラマ『戀愛沙塵暴』の北村豊晴監督と出会ったこと。

もともと2011年のジョウバーダオ作品『あの頃、君を追いかけた』(原題:那些年,我們一起追的女孩、You Are the Apple of My Eye)を観て、将来このような作品に出てみたいと中国語を学び始めたのだそうです。

 

 

北村監督といえば、ヴィックチョウ主演映画『愛你一萬年』やランジェンロン、長澤まさみ主演ドラマ『ショコラ』の監督で、独特の映像表現は台湾だけでなくアジアで高く評価されている監督です。日本のファンにもおなじみですよね。

セリフはほぼ全編に渡り中国語で挑戦したのだそうです。

f:id:adcnews:20160905162156j:plain

 

ドラマについてのインタビューをご覧下さい 。

 

 

日常会話で中国語を話すのと、ドラマのセリフで話すのでは求められる語学力のレベルが全く違います。話した時にちゃんと何を話しているのか理解されるのはもちろんですが、その上で演じている役やストーリーに集中させなくてはならないため、現場からも相当厳しい要求が課せられます。

その要求に応えることが出来ないと、すべて吹き替えられてしまうこともあります。 逆に、演技が評価されれば次の作品に声がかかることもあります。

 

日本の役者は言葉の問題から、なかなか海外には飛び出しにくい環境にありますが、きちんと目標を持ち前に進んで行けば、このようなチャンスが手に入るのだと桜庭さんを見ていて感じました。

 

最後に、桜庭さんから中国語のメッセージです。
(日本語字幕は、youtubeで字幕表示の設定でご覧頂けます)

 

いままで多くの日本人俳優が中国語を話すのを聞いてきましたが、桜庭さんの中国語の発音がとてもキレイで驚きました。ご本人の努力もあることだとは思いますが、語学のセンスがとてもある方だなと感じました。

 

中国語を学ぶために単身台湾へ渡り、新たなチャンスを手に入れた桜庭さん。 国際派女優としての一歩を踏み出しました。 これからも応援して行きます。 

○ドラマ情報

台湾連続ドラマ「戀愛沙塵暴」第5・6話ゲスト主役(全7話)
放送局:台湾電視台・八大電視・台湾公視 
放送時間:8月19日スタート 
毎週金曜22:00~

 

 

サイト運営元
株式会社アジアドキュメンタリーセンター
(ADC,Inc. /亞洲紀録片中心有限公司)
東京都渋谷区富ケ谷2-14-8-301
TEL (81)3-3481-0808
FAX (81)3-3481-8880
ADCHPへはこちらから
お問い合わせはこちらへ