読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADCnews - アジア[台湾 中国 香港] 情報サイト

映像制作会社「アジアドキュメンタリーセンター」が気になる"アジア”のエンタメ・グルメ・世界遺産など、動画を中心とした取材でお伝えします。

【台湾イベント情報】台湾人アーティストLEE KAN KYOによる中国語講座開催

僕が中国語を教えたら面白いと思うんです。
でも、真剣に学びたい方にはオススメできませんーーー LEE KAN KYO

f:id:adcnews:20170317084739j:plain

 チラシ広告や野菜ジュースの自撮り作品でおなじみの台湾人アーティスト、LEE KAN KYOさんが、今度は中国語教室を開催するのだそうです。

f:id:adcnews:20170317080300j:plain

その名も、「コ本や 歌う 台湾語 クラス」。

なんだか面白そうですが、よくわからない。

LEEさんに詳細をたずねました。

 

場所は北区王子にあるLEEさんの友人が経営している書店「コ本や」さん。「コ本」は古本のことで、古本だけではなく様々な作家やアーティストのが制作、発行した自費出版の雑誌も販売している、知る人ぞ知る人気のお店なのだそうです。

定期的にアーティストの個展も行う「コ本や」さん。LEEさんに中国語講座をやってはどうかと提案。LEEさんは快諾したそうです。

LEEさんも、せっかくやるなら変わった中国語講座をしたいと、決めたテーマが「歌」。日本の有名ソングの中国語カバーソングを日本で歌ったら面白いでしょってことらしいです。

曲は、小虎隊の「紅蜻蜓 」。長渕剛の「とんぼ」のカバーソングです。

小虎隊といえば、 ニッキー・ウー、ベニー・チェン、アレック・スーによる90年代一世を風靡したアイドルユニット。台湾版少年隊とか言われ(私の周りで)大人気でした。私は当時は中国に住んでいましたが、街では大量の小虎隊のカセットテープが売られていました。沢山日本語曲をカバーしていて、中国語勉強のため購入し繰り返し聴いていたことを覚えています。

この「紅蜻蜓 」はもともと長渕剛の曲だと知らない台湾の人もいるほどポピュラーな曲だとLEEさんは言います。台湾人にとっても懐かしき名曲なんですね。

LEEさんと一緒にとんぼを歌うイベント。

ご興味がある方はまだ、申し込めるそうですので是非ご参加下さい。

開催情報

「コ本や 歌う 台湾語 クラス」
参加費:1,000円
定員:15名
日時:3月20日15:00~17:00
場所:コ本や honkbooks(東京都北区王子1-6-13松岡ビル1F)
要予約です。お申込みは下記申し込みフォームから

注:台湾語と書いてありますが、國語講座です。

https://www.facebook.com/honkbooks/

 

サイト運営元
株式会社アジアドキュメンタリーセンター
(ADC,Inc. /亞洲紀録片中心有限公司)
東京都渋谷区富ケ谷2-14-8-301
TEL (81)3-3481-0808
FAX (81)3-3481-8880
ADCHPへはこちらから
お問い合わせはこちらへ