読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADCnews - アジア[台湾 中国 香港] 情報サイト

映像制作会社「アジアドキュメンタリーセンター」が気になる"アジア”のエンタメ・グルメ・世界遺産など、動画を中心とした取材でお伝えします。

【台湾エンタメ情報】宮本亜門が台湾映画『海角七號』の ミュージカル制作を発表!

宮本亜門 台湾エンタメ 台灣 海角七号 魏徳聖 澎恰恰 范逸臣 田中千絵

f:id:adcnews:20160904083334j:plain

舞台演出家の宮本亜門が、台湾で大ヒットした映画『海角七號』のミュージカル制作を発表しました。

映画『海角七號』は、台湾南部のリゾート地でライブ開催に関わる人々の人間模様と、日本人教師と台湾女性の60年にわたる愛の軌跡が交差して綴られていく音楽映画で、2008年に台湾で公開され5億3千万台湾ドルという歴代トップの興行収入を上げ、社会現象を起こしました。 興行成績だけではなく国内外で数々の賞も獲得、監督の魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)は当時低迷していた台湾映画界の救世主と言われ、いまだにこの記録を破る作品は現れていません。

宮本亜門は、この映画を見て感動し、いつかミュージカルにしたいと考えていたそうで、魏徳聖監督にこのことを告げたところ、快諾。

映画の舞台になった地域が高雄に近いことから、高雄市が全面協力。魏徳聖監督は旧知の仲であるミュージカルに興味を持つプロデューサーで有名俳優の澎恰恰(ポン・チャアチャア)と共にエグゼクティブプロデューサーも引き受け2017年の上演に向けて準備されるのだそうです。

気になるキャストですが、映画で主役を演じた范逸臣(ファン・イーチェン)や田中千絵が舞台でも演じます。その他の役柄もオリジナルキャストを中心に新しいメンバーも加え、魅力ある顔ぶれが集まります。

月琴(台湾の伝統楽器)の名手で独特のキャラクターから大人気になった林宗仁(リン・ツォンレン)は2011年に亡くなったため、この役は魏徳聖が澎恰恰に要請し、大御所の登板。 さらに、バンドのキーボード奏者の少女は、日本でも活躍した欧陽菲菲(オウヤン・フィーフィー)の姪にあたり台湾で人気の美少女”欧陽三姉妹”の末っ子欧陽娣娣(オウヤン・ディーディー)が抜擢されたそうです。

f:id:adcnews:20160904083335j:plain

 

ヒロインの日本人女優 田中千絵は音楽経験がありませんでしたが、実際に歌とダンスにトライして見せたところ宮本亜門は「(歌う)声が出る人で、トレーニングすればいける。ダンスも良いのでもしかしたら舞台向きの女優かも知れない」と合格点を出したそうです。

 ミュージカルでは音楽は映画版の倍くらいに増える予定で、宮本亜門は「主役の范逸臣が映画でもメイン曲を作っているが、今度もオリジナル曲を数曲書き下ろしてもらう。他の出演者からも楽曲を聴いて欲しいと提案がありましたし、台湾の伝統音楽も盛り込み多様な音楽を楽しんでもらいたい」熱く語りました。

 

会見の最後には、作品のモチーフになる「手紙」にちなんで『海角七號』のポストカードに登壇者がサインをしてポストに投函するセレモニーが行われ、公演の成功を祈願しました。

f:id:adcnews:20160904083338j:plain

 

「国や言葉を越えてのミュージカル製作は本当にミラクルです。台湾や日本の人々、そして僕が受けた感動を、ミュージカル『海角七號』によって世界中に伝えたい」と熱く語る宮本亜門

名作『海角七號』が宮本亜門演出によってどう描かれて行くのか、きっと新たな魅力をひき出してくれることでしょう。

こんな豪華な顔ぶれで上演はたったの5公演。来年の5月が待ち遠しいですね。

 

上演など情報

 ★ミュージカル『海角七號』 公演期間:2017年5月4日~5月7日(5公演)

公演会場:高雄至德堂(台湾 高雄市苓雅區五福一路67號)
エグゼクティブ・プロデューサー:魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)、澎恰恰(ポン・チャアチャア)
プロデューサー:曾慧誠(クリス・ツァン)
演出:宮本亜門 
キャスト:澎恰恰(ポン・チャアチャア)、范逸臣(ファン・イーチェン)、田中千絵、馬念先(マー・ニエンシェン)、民雄(ミンション)、應蔚民(イン・ウェイミン)、欧陽娣娣(オウヤン・ディーディー)ほか
主催:高雄市政府文化局 共同主催:果子電影有限公司
製作:耀演劇團

 

宮本亜門プロフィル
1958年1月4日生まれ 東京都出身 ミュージカル、ストレートプレイ、オペラ、歌舞伎等、ジャンルを越える演出家として国内外で幅広い作品を手がけている。 2004年、東洋人初の演出家としてニューヨークのオンブロードウェイにて「太平洋序曲」を上演し、同作はトニー賞の4部門でノミネートを果たす。 2005年に上演したミュージカル「Into The Woods」の演出で、朝日舞台芸術賞秋元松代賞を受賞。 2011年1月、KAAT神奈川芸術劇場こけら落とし公演として三島由紀夫原作の「金閣寺」を舞台化。NYリンカーン・センター・フェスティバルに正式招へいされた。 2013年8月には初めての歌舞伎演出となる 市川海老蔵自主公演「ABKAI」での新作歌舞伎を上演。また、9月には欧州初のオペラ演出として、オーストリアにてモーツァルトのオペラ「魔笛」を世界初演した。 2015年3月〜4月「ウィズ~オズの魔法使い~」を再演予定。(東京国際フォーラム・ホールC、梅田芸術劇場愛知県芸術劇場キャナルシティ劇場) また6月には、市川海老蔵自主公演「ABKAI」(シアターコクーン)の新作を上演予定。 7月にはオーストリアで好評だったオペラ「魔笛」(東京文化会館)を予定している。 香川県のプロジェクト「新・時間旅行物語 恋するうどん県」アートコンテンツ “宮本亜門のかがわARTツアー” をPR中。

 

★映画『海角七號(日本公開タイトル:海角七号−君想う国境の南−)』
監督・脚本:魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)
出演:范逸臣(ファン・イーチェン)、田中千絵、中孝介、馬念先(マー・ニエンシェン)、民雄(ミンション)、應蔚民(イン・ウェイミン)ほか
2008年台湾公開、2009年日本公開 台湾金馬奨6部門受賞(最優秀台湾映画賞、作曲賞、主題歌賞、助演男優賞ほか) ハワイ国際映画祭 作品賞 台北映画際グランプリ、撮影賞、観客賞 アジア海洋映画祭イン幕張グランプリ アカデミー賞外国語映画賞台湾代表作品
日本配給:ザジ・フィルムズ/マクザム 日本版DVD:マクザムより発売中

f:id:adcnews:20160904083337j:plain

サイト運営元
株式会社アジアドキュメンタリーセンター
(ADC,Inc. /亞洲紀録片中心有限公司)
東京都渋谷区富ケ谷2-14-8-301
TEL (81)3-3481-0808
FAX (81)3-3481-8880
ADCHPへはこちらから
お問い合わせはこちらへ