読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADCnews - アジア[台湾 中国 香港] 情報サイト

映像制作会社「アジアドキュメンタリーセンター」が気になる"アジア”のエンタメ・グルメ・世界遺産など、動画を中心とした取材でお伝えします。

ツァイ・ミンリャン監督 第15回東京フィルメックス Q&Aに登場。主演のリー・カンションさんも。

蔡明亮 ツァイ・ミンリャン 李康生 リー・カンション 映画-台湾映画 第 15 回東京フィルメックス 映画 台湾エンタメ

これは変わった映画です。物語でもなくドキュメンタリーでもない。ただの映画です。 監督はリラックスしているが、出演者や観衆は苦痛で仕方がない。ーー『西遊』Q&Aより

2014年11月22日(土)~11月30日(日)にて開催された第15回東京フィルメックス特別招待作品として上映されたツァイ・ミンリャン監督作品『西遊』のQ&Aを取材してきました。

f:id:adcnews:20150424170124j:plain

 蔡明亮監督作品『西遊』

『西遊』Journey to the West / 西遊 / フランス、台湾 / 2014 / 56 分 / 監督:ツァイ・ミンリャン (TSAI Ming Liang) ベルリン映画祭で上映されたツァイ・ミンリャンの最新作。南仏マルセイユの海岸や街中を托鉢僧 に扮したツァイ作品の常連俳優リー・カンションが超スローモーションで歩く。『ホーリー・モー ターズ』などのカラックス作品で知られるドゥニ・ラヴァンが共演。(公式より)

11月30日の上映終わりに、ツァイ・ミンリャン蔡明亮)監督と主演のリー・カンション(李康生)さんが、舞台に登場。観客の質問に答えるQ&Aが行われました。ツァイ監督は時折ユーモアを交えながら丁寧に答えていました。なんと次回作は日本で撮影予定で、早ければ来年の1月から撮影するそうです。その時は是非カメラに写り込んで欲しいと、ツァイ監督。集団スローモーションが見られたら非常に面白いですね。 リー・カンションさんはゆっくり歩かなければならなかった撮影時の苦労を真剣な表情で語ってくれています。 それではQ&Aの模様をご覧ください。

f:id:adcnews:20150424170144j:plain

第 15 回東京フィルメックス (映画祭 公式プレスサイトはこちらから) 11 月 22 日(土)~11 月 30 日(日) 有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ 日劇にて開催。
    (取材:nono)
サイト運営元
株式会社アジアドキュメンタリーセンター
(ADC,Inc. /亞洲紀録片中心有限公司)
東京都渋谷区富ケ谷2-14-8-301
TEL (81)3-3481-0808
FAX (81)3-3481-8880
ADCHPへはこちらから
お問い合わせはこちらへ