ADCnews - アジア[台湾 中国 香港] 情報サイト

映像制作会社「アジアドキュメンタリーセンター」が気になる"アジア”のエンタメ・グルメ・世界遺産など、動画を中心とした取材でお伝えします。

個性あふれるネコたちがモデル!水彩画個展「ネコの肖像」@保護猫カフェ

「ネコたちのありのままを表現しました。彼らと触れ合いながら作品を楽しんでください」ーーーエリカ・ワード

 

f:id:yusukeyasuda:20180915225551j:plain

個展の展示する作品を制作中のエリカ・ワード(Erica Ward)さん  ©️ADC

  御茶ノ水駅から少し離れた場所にあるカフェ「ネコリパブリック 東京お茶の水店」では、以前ご紹介した水彩画アーティスト・エリカワードさんによる個展が、9月14日(金)から10月3日(水)まで開催されています。


 

 個展のタイトルは、「ネコの肖像 Cat in Portrait: Erica Ward Illustration × Rescue Cat Cafe」エリカさんは、ネコたちを肖像のモデルにして、16作品を手がけました。今回は、その作品の中から一部紹介して個展の魅力をお伝えします。

       

f:id:yusukeyasuda:20180915230050j:plain

©️Erica E. Ward  

 

 作品のモデルは、カフェのネコたち。エリカさんは、大の猫好きで故郷アメリカに住んでいた時はネコを飼っていました。「ネコはただかわいいだけでなく、予想外の行動をするところがよくあり人間ぽさがあります、その読めないところが魅力的で不思議な存在ですね」と語るエリカさん。日本に移住してからは飼うのもなかなか難しく、それでもネコが恋しいと思っていた時に出会ったのが、このネコカフェでした。ネコたちと触れ合う中で、それぞれが持つユニークな個性に気づいたエリカさんは、彼らの被写体としてのイメージがどんどんと膨らんでいきました。ある日、お店のスタッフさんから個展をやってみませんかと提案をもらったのが今回の展示のきっかけ。開催のわずか2ヶ月前からの準備でしたが、それまで温めてきたアイデアを一気にまとめ、あとはそれらを紙に表現するだけとひたすら筆を走らせ、16作品を描き上げました。

     

f:id:yusukeyasuda:20180917205852j:plain

制作途中の様子、丁寧に色付けをしていく ©️ADC

 エリカさんの作品の特徴は、温かみのある曲線と明るい色使い、そして細かな描写。水彩画ならではの柔らかなタッチを活かし、作品にふんわりとした雰囲気を生み出し、ネコたちの可愛さを描いています。そして、きめ細やかな筆使いで被写体に生命力を吹き込み、彼らの存在感を生み出しています。

 

 

 今回の肖像画は、ネコたちのありのまま描き、そこにエリカさんのインスピレーションを加える形となりました。その代表的な作品とも言えるのがこちら。

       f:id:yusukeyasuda:20180915220401j:plain

               「青年」"The Lad" ペン、水彩、紙

                    モデル:ジェット君

 お店の中では若手のネコであるジェット君。エリカさんは、彼の若さから感じるクールさと立ち振る舞いから青年として表現しました。ペレー帽子やネクタイ、チェックのベストなど、秋を感じさせるファッションで見事にきこなすジェット君は、しっかりと正面を見つめ、大人らしさも持ち合わせています。きめ細かな筆使いで描かれている毛並みや毛色は、清潔感を抱かせてくれます。

 

 また、ジェット君の耳に注目すると、右耳の先がかけていることがわかります。これは、去勢避妊手術済みの印で、その形が桜の花に見えることから「さくら耳」と呼ばれるものです。実は、この店で暮らしているネコたちは、野良ネコや捨てネコ、飼育放棄されたネコだったりと様々な過去を持っている保護ネコなのです。

  

f:id:yusukeyasuda:20180915235504j:plain

さくらみみのネコ ©️ADC

 エリカさんは昨年からこのお店でネコのお世話をボランティアで行い、彼らと触れ合ってきました。最初は怯えたり、警戒されたりと苦労はあったたものの、回を重ねる毎に親しくなり、ネコたちも本来の姿を見せるようになったそうです。

 

 「ネコはペットショップにいるというイメージがあると思いますが、こういった保護ネコもいます、彼は完璧ではないかもしれないですが、どれも大切な存在でステキな個性を持っていると思います、この展示会を通して、多くのお客さんに保護ネコと触れ合って、彼らのことを知ってもらいたいです」エリカさんは今回の個展にそんな思いがあります。

 

f:id:yusukeyasuda:20180916000426j:plain

ネコのお世話をするエリカさん ©️ADC

 

 その他にも、個性的なネコたちが展示会で登場しています。

 

            f:id:yusukeyasuda:20180915220357j:plain 

                                  「王様」"His Majesty" ペン、水彩、紙 

                                                                              モデル:ぎんさん

 ぎんさんは、このカフェに住む最年長16歳の大ベテランのネコ。その物怖じせず貫禄のあるぎんさんを王様として描いています。

 

        f:id:yusukeyasuda:20180915220308j:plain

                              「メイドさん」"The Maid" ペン、水彩、紙

                                                                                モデル:チビちゃん

 作品はオスだけではなく、メスのネコのもあります。名前の通り、体の小さなチビちゃんは静かな性格ですが、その控えめなところに注目し、メイドとして可愛く仕上げています。

   

f:id:yusukeyasuda:20180915234409j:plain

個展会場の部屋と机の下に隠れるネコ ©️ADC

 

 悠悠自適に過ごすネコたちに囲まれながら、ネコの肖像画を鑑賞できるユニークな個展。芸術の秋に、エリカさんの世界観に浸りながらネコたちとのんびりとするのはいかがでしょうか。

 

 

   

個展の情報はこちらからご覧にいただけます。

*今回の個展では販売している作品の売り上げの一部が保護ネコの支援金として寄付されます。

*作品に登場するネコの中には、すでに里親が見つかりカフェを卒業したものもいます。

 

  

個展情報

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【個展名】ネコの肖像 Cats in Portrait : Erica Ward Illustration×Rescue Cat Cafe

【開催時期】2018年9月14日(金)〜 10月3日(水)

【入場料】平日*30分¥1,100、60分¥1,500、土日・祝日*30分¥1,300、60分¥1,700

【場所】保護猫カフェ ネコリパブリック東京 文京区湯島3-1-9 CRANEビル4階

【Webページ】https://cats.neco-republic.jp/category/cats/shop/tokyo_ochanomizu

【営業時間】平日*15時〜20時(最終受付19時半)

      土日・祝日*11時〜18時(最終受付17時半)

      定休日*木曜日

【最寄駅】湯島駅東京メトロ千代田線)

     末広町駅東京メトロ銀座線)

     御茶ノ水駅(東京メトロ丸ノ内線、JR線)

 

サイト運営元
株式会社アジアドキュメンタリーセンター
(ADC,Inc. /亞洲紀録片中心有限公司)
東京都渋谷区富ケ谷2-14-8-301
TEL (81)3-3481-0808
FAX (81)3-3481-8880
ADCHPへはこちらから
お問い合わせはこちらへ