読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADCnews - アジア[台湾 中国 香港] 情報サイト

映像制作会社「アジアドキュメンタリーセンター」が気になる"アジア”のエンタメ・グルメ・世界遺産など、動画を中心とした取材でお伝えします。

【台湾映画情報】25年ぶり再上演 エドワード・ヤン『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』

エドワード・ヤン 牯嶺街少年殺人事件 チャン・チェン 台湾映画 張震 映画-台湾映画

伝説の傑作『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』が4Kレストア・デジタルリマスター版で劇場公開されます。

f:id:adcnews:20170310225855j:plain

エドワード・ヤン監督が1991年に発表した、傑作『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』。BBCが1995年に選出した「21世紀に残したい映画100本」に台湾映画として唯一選ばれ、2015年釜山映画祭で発表された「アジア映画ベスト100」において、『東京物語』『七人の侍』『悲情城市』などと並んでベスト10入りするなど、映画史上に残る傑作として評価されながらも、日本では初上映以来25年間DVD化もされず、観る機会がほとんどなかった。マーティン・スコセッシが激賞し、ウォン・カーウァイオリヴィエ・アサイヤスなど、世界中のアーティストに影響を与え、熱狂的な信奉者を生み出した伝説の傑作がエドワード・ヤン監督の生誕70年、没後10年となる2017年に4Kレストア・デジタルリマスター版で蘇る。

(公式サイトより)

 

 

2017年はエドワード・ヤン監督の生誕70年、没後10年となる節目となる年。

25年前公開された時は3時間8分に編集されたものでしたが、今回はオリジナルのまま、3時間56分版で上映されます。デジタルリマスター版はマーティン・スコセッシが設立したフィルム・ファウンデーションのワールド・シネマ・プロジェクトとクライテリオン社との共同で、オリジナルネガより制作され、光と闇の世界をスクリーンで体感できます。

 

youtu.be

 

また、エドワード・ヤン監督に見出され、本作で主人公の小四(シャオ・スー)を演じて鮮烈なデビューを飾ったアジアを代表するスター、チャン・チェンが日本での公開を祝福するために、3月14日(火)に来日することが決定!当時を最もよく知るプロデューサーのユー・ウェイエンも同じく来日することが決定致しました。

f:id:adcnews:20170310225901j:plain f:id:adcnews:20170310174513j:plain

 

来日中には、主演のチャン・チェンとプロデューサーのユー・ウェイエンが日本の観客へ直接メッセージを送りたい!と、舞台挨拶への登壇も予定しているそうです。

 

世界を魅了したエドワード・ヤンの世界を是非劇場でご堪能ください。

公開情報

3月11日(土)より角川シネマ有楽町、 3月18日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー!

監督:エドワード・ヤン
出演:チャン・チェン、リサ・ヤン、ワン・チーザン、クー・ユールン、エレイン・ジン
1991年/台湾/3時間56分/PG‒12
配給:ビターズ・エンド 
(c)1991 Kailidoscope
※上映は、4Kレストア・デジタルリマスター原版から変換した2K上映となります。
公式サイト:http://www.bitters.co.jp/abrightersummerday/
Facebookhttps://www.facebook.com/EdwardYang2017/
Twitter :@Edward̲Yang2017 

 

サイト運営元
株式会社アジアドキュメンタリーセンター
(ADC,Inc. /亞洲紀録片中心有限公司)
東京都渋谷区富ケ谷2-14-8-301
TEL (81)3-3481-0808
FAX (81)3-3481-8880
ADCHPへはこちらから
お問い合わせはこちらへ