ADCnews - アジア[台湾 中国 香港] 情報サイト

映像制作会社「アジアドキュメンタリーセンター」が気になる"アジア”のエンタメ・グルメ・世界遺産など、動画を中心とした取材でお伝えします。

台湾の人気キャラクター"LAIMO"のフォトジェニックスポット誕生!DOMO CAFÉとのコラボスタート!

f:id:yuzu_adc:20171218175333j:plain

 

2017年9月、新大久保に”日本と台湾をコーヒーでつなぐ”をコンセプトとした、日台発のコーヒーを提供するDOMO CAFE

コーヒー豆は、海外でも“レジェンド”と知られる京都・下鴨のカフェ・ヴェルディの中深煎り豆と、コーヒー界のアカデミー賞とも称される北欧の賞“Nordic Roaster 2013”にて、1位に輝いた台湾・台北の“Fika Fika Cafe(フィカフィカ カフェ)”の浅煎り豆を使用(※日本でFika Fika Cafeの豆を扱うのはDOMO CAFEが初)。日本の純喫茶で提供されるような“しっかりと深い味わい”と、台湾で人気のあるお茶のような“軽い飲み心地”を比べることで新しいコーヒーの味わい方を楽しめます。

今回、新たな企画として、台湾の人気キャラクター"LAIMO"とコラボレーションをし、オリジナルメニュー”タピオカミルクラテ(アイス/ホット)とティラミスを新発売することになりました。

「台湾」「タピオカ」とくると、ミルクティが一般的ですが、コーヒーとタピオカを合わせた新たなドリンクとなります。
(コーヒーとタピオカを合わせることは、非常に難しいそうで…この新商品が出来上がるまでに、台湾のFika Fika CafeのオーナーであるJames氏と約1年の時間を費やしたそうです!)

f:id:yuzu_adc:20171215175115j:plain

●タピオカラテ(アイス・ホット)
もちもちとしたタピオカに優しい甘さの黒蜜を加え、エスプレッソにたっぷりのスチームミルクを注いだ新しいコーヒーの味わい

●ティラミス
スポンジケーキには、カフェ・ヴェルディによるオリジナルのコーヒーを使用。コーヒーのほのかな佳織とマスカルポーネチーズの滑らかで絶妙な口当たりが特徴

 

新商品発表当日の12月14日には、LAIMOの作家・cherng氏も来日し、カフェの外にある壁画の発表も行われました。

f:id:yuzu_adc:20171215175417j:plain

 #壁画のサインは、cherng氏の直筆ですよ!

 

巨大な壁画は、cherng氏にとっても初めてのこと。
カフェに来たお客さんが、楽しく撮影できるようなデザインを色々と考えて決めたそうです。

 

 cherng氏も早速、自身のinstagramにて写真をアップしていました。

 

東京DOMO CAFÉ X LAIMO的藝術牆面,今日揭幕

cherngさん(@cherngyang)がシェアした投稿 -

 

まさに、どこを撮ってもインスタ映えするカフェ!
是非、一度、訪ねてみてください。

DOMO CAFÉ

住所:東京都新宿区百人町1-15-29パティオ新宿G2号室
最寄駅:JR新大久保駅
電話:03-3360-2545
営業時間:9:00-22:00(※9:00-11:00は朝食メニューをご提供)

 

 

また、このDOMOcafeの上は、民泊施設となっています。
新宿百人町 DoMo S — DoMo民泊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイト運営元
株式会社アジアドキュメンタリーセンター
(ADC,Inc. /亞洲紀録片中心有限公司)
東京都渋谷区富ケ谷2-14-8-301
TEL (81)3-3481-0808
FAX (81)3-3481-8880
ADCHPへはこちらから
お問い合わせはこちらへ