ADCnews - アジア[台湾 中国 香港] 情報サイト

映像制作会社「アジアドキュメンタリーセンター」が気になる"アジア”のエンタメ・グルメ・世界遺産など、動画を中心とした取材でお伝えします。

【2018東京・中国映画週間】閉幕式・クロージング作品「ニセ薬じゃない!」も上映!

f:id:yuzu_adc:20181027154039j:plain

今年で13回目の開催となる「東京・中国映画週間」は、東京国際映画祭の提携企画として、10月19日(金)から10月26日(金)の期間において開催され、日中平和友好条約40周年という節目に相応しく、閉幕式には中国映画界を代表する豪華ゲストが参加しました。

閉幕式のオープニングには、上映作品「崑劇映画-景陽鐘」に出演した役者さんによる崑劇も披露され、華を添えました。

f:id:yuzu_adc:20181027160737j:plain

 

また、日本中国文化交流協会副会長であり日中映画祭実行委員会芸術顧問を務める女優・栗原小巻さんも登壇し

「映画が持つ力は偉大です。平和友好の誓いが、映画交流で実現するのはとても光栄なこと。中国映画週間に参加していただき、映画を愛する観客を代表して感謝を申し上げます。共に、アジアの映画を発展させていきましょう」

と中国の映画界へ感謝の意を述べました。

最後に、今回来日された豪華ゲストが登壇し、日本の観客に向けてメッセージを伝えてくれました。特に、「オペレーション・レッドシー」に出演した黄景瑜にはたくさんの声援が送られていました。

f:id:yuzu_adc:20181027165059j:plain

【登壇ゲスト】

俳優: 徐峥(「ニセ薬じゃない」)
女優: 海清(「オペレーション・レッドシー」)
俳優: 黄景瑜(「オペレーション・レッドシー」)
女優: 王麗坤(「プレイヤー A to B」)
女優: 俞飛鴻
監督: 畢国智
監督: 蘇倫
監督: 韓延
女優: 陳祉希
監督: 呉有音
プロデューサー:谷好好(「崑劇映画-景陽鐘」)
監督: 夏偉亮(「崑劇映画-景陽鐘」)
女優: 陳莉(「崑劇映画-景陽鐘」)
俳優: 黎安(「崑劇映画-景陽鐘」)
女優: 邱林(「灰色だった空を見上げ、僕らは明日に向かう」)
俳優: 楊玏
女優: 尚語賢
監督: 阿年(「灰色だった空を見上げ、僕らは明日に向かう」)
爱新觉罗启星
徐林林
魏一
監督:範慶(「母になる」)
林鵬(「母になる」)
陳思成(「母になる」)

 

クロージング作品「ニセ薬じゃない!」

「ニセ薬じゃない!」は、2014年の中国で実際に起きた「陸勇事件」を題材に作られ、社会問題に切り込んだ作品。2018年夏の中国最大の話題作が、中国映画週間でクロージング上映されました。

 

f:id:yuzu_adc:20181027165151j:plain

 閉幕式終了後、約10分ほどの主演の徐峥さんの舞台挨拶がありました。

 「中国にはたくさんの映画があります。その中で、この作品をクロージング作品に選んでいただき感謝します。この作品は、実際に中国で起きた事件を扱った作品で、社会的な関心を持ってたくさんの方に観て頂き、9000万人も動員しました。李克強首相にもこの映画を観て頂き、医療問題に変化が起こっていきました。今回は、時間的な問題で、この作品を東京国際映画祭コンペティションに出品することができませんでしたが、映画のレベルとしても話題としても問題ないと思っています。次回、機会があれば、他の作品で参加したいです」
と、東京国際映画祭での上映のチャンスを希望していました。

 最後に印象のあるシーンは?と司会が質問したところ

「映画を観た後だったらお伝えできるが…
映画を観る前なので、僕が言えるのは…映画を観て楽しんでください!」
と笑顔で答えてくれました。

 

今年は、例年を上回る多数の豪華ゲストと話題作を引っさげての中国映画週間。
今後、中国映画が、もっと日本でも上映される機会が増えていくことを願っています。

 

サイト運営元
株式会社アジアドキュメンタリーセンター
(ADC,Inc. /亞洲紀録片中心有限公司)
東京都渋谷区富ケ谷2-14-8-301
TEL (81)3-3481-0808
FAX (81)3-3481-8880
ADCHPへはこちらから
お問い合わせはこちらへ