ADCnews - アジア[台湾 中国 香港] 情報サイト

映像制作会社「アジアドキュメンタリーセンター」が気になる"アジア”のエンタメ・グルメ・世界遺産など、動画を中心とした取材でお伝えします。

【台湾で暮らす日本人】写真家小林賢伍さん紹介

日本の皆さんに、台湾原住民の素晴らしさを伝えたい --- 小林賢伍(写真家)

 

f:id:adcnews:20181124214837j:plain

小林賢伍さん    ©️小林賢伍

 

台湾原住民アーティストSumingさんの「海邊的孩子」東京公演もあり、原住民つながりで、台湾で活動中の日本人写真家をご紹介します。

小林賢伍さん。イケメンです。

 

f:id:adcnews:20181124214818j:plain

©️小林賢伍



 

小林さんは、台湾の原住民の村に入り、彼らの暮らしや風景を切り取っています。

f:id:adcnews:20181125004143j:plain
f:id:adcnews:20181125004030j:plain
花蓮玉里 阿美族-豐年祭 撮影:小林賢伍

f:id:adcnews:20181125003918j:plain

台東大鳥部落 排灣族-大自然共存 撮影:小林賢伍

f:id:adcnews:20181125004725j:plain

台東大鳥部落 排灣族-大自然共存 撮影:小林賢伍

 

 

初めてお会いした時に、たまたま話した原住民の話題がきっかけで、その魅力を語ってくださいました。小林さんは原住民の魅力を日本人に伝えたいと、自作のノートを常に携帯しています。

 

f:id:adcnews:20181124225008p:plain
f:id:adcnews:20181124234829j:plain
小林さんがいつも持ち歩いているノート

そのノートには概要から始まり各部族の紹介まで、びっしりと文字が。原住民に対する愛情を感じます。

 

f:id:adcnews:20181124234837j:plainf:id:adcnews:20181124225040p:plain

 

台湾で暮らすことになったきっかけ

きっかけは東日本大震災。母親から台湾にお礼を言って来なさいと言われ、初めて台湾を訪問。以来、何度か訪れる台湾を旅するうちに、九州ほどしかない国土に詰まっている大自然や他民族文化や人の温かさに触れ、すっかり台湾にハマってしまったという小林さん。

原住民の文化に初めて触れた時、彼らの衣装などの鮮やかな色彩に目が奪われたと言います。

その後、ワーキングホリデービザを取得。台湾茶カフェで働きながら、休日を利用して、台湾国内旅行を通した風景や原住民文化の撮影を開始しました。

撮った写真をネットで紹介すると、台湾に住む人々も見たことがない風景だと、瞬く間に人気に。

例えば、こちらの写真。

 

宜蘭の山を撮ったものですが、FB上で「フィリピンの世界遺産チョコレートヒルズではなく、これは、台湾の宜蘭だ。台湾の抹茶山ここにあり。」と紹介した所、GQ TaiwanとVogueから取材が来たのだそうです。

 

Vogueの記事はこちら。

www.vogue.com.tw

 

外国人である小林さんが、楽しんで撮った写真だからこそ新たな視点となり、それが台湾の人には、新鮮に映るのだと思います。

 

世界に台湾を発信する日本人としてその功績が認められ、台北新藝術博覽會による「藝出慈悲 ‧ 百大名人」に2017年と2018年と選出されました。

台湾原住民を知ってもらいたい

小林さんは現在、日本の企業に勤めながら活動を続けています。

時間があれば、東南部の原住民部落へ繰り出し撮影。

特に力を注いでいるのは、彼らの豊作物に感謝する儀式、慣わしが一斉に始まる夏。大地に酒を撒き、歌い踊る宴をはじめ、部落や民族間の繋がりは、東京で育った小林さんにはキラキラしたものに写るのだそうです。

その素晴らしさを多くの日本人に知ってもらいたい。原住民文化を日本に発信するというのが、小林さんの現在の大きなテーマです。

少しでも多くの人にアピールするために、テレビで台湾に住む外国人を紹介するトーク番組に出演したり、 企業のCMに出演しています。

 

こちらは、台湾のお菓子。科学麺のCMに出演した時の映像。

バイクで環島している若者たちの一人で出演しています。環島とは台湾を一周する旅のこと。


【吃科學麵的孩子不會變壞】主題片

 

この科学麺。恥ずかしながら私は知りませんでした。

f:id:adcnews:20181129190035j:plain

台湾の定番お菓子「科學麵」

小林さんにいただいたのですが、ずっとインスタントラーメンだと思っていたのでホテルで食べられずに日本に帰るまで食べずにいました。小林さんが過去に取材された記事を見ていたらそのまま食べるものだったということがわかり、驚きました。

中には粉末のスープが入っていて、麺を砕きスープを袋に入れていただくというもの。

チキンラーメンをそのままいただくような感じです。

作ってみたら、スープの粉末をうまく混ぜられなくて味の濃いところもありましたが、どうみてもインスタントラーメンな見た目の面白さもあり、楽しくいただけました。

 

さて、そんな小林さんのインタビュー映像をご覧ください。


小林賢伍インタビュー

 

今後の活躍が楽しみですね。

最後にまた小林さんの作品をご紹介します。

きっとまだまだあなたの知らない台湾がありますよ。

 

f:id:adcnews:20181129191815j:plain

離島 蘭嶼 撮影:小林賢伍

f:id:adcnews:20181129191955j:plain

台東大鳥部落 排灣族-大自然共存

f:id:adcnews:20181129192254j:plain

宜蘭 聖母登山道 撮影:小林賢伍
情報

小林さんの作品をもっとご覧になりたい方は、公式サイトへ。応援よろしくお願いします。

公式サイト:https://www.facebook.com/kengokobayashijp/

公式instagram

www.instagram.com

撮影協力:CHIAO Tea Salon

今回お世話になったのは、茶師である店主CHIAO CHIAOさんが、選んだ最高級茶葉を安価でいただけるサロン。小林さんがアルバイトをしていたお店です。
今後も小林さんの活動に注目していきます。

f:id:adcnews:20181129201429j:plain

 

【台湾アーティスト情報】海邊的孩子東京公演 Suming&嵐馨樂團公演前インタビュー映像公開

またライブを見たくなります。

 

f:id:adcnews:20181120182840p:plain

Suming

 

 2018年11月11日に行われた、Suming主催のイベント「太陽的孩子」東京公演。その公演直前に行われた出演者インタビューをご紹介します。

 

www.adcvnews.com

 

まずはじめに、Sumingのインタビューです。

コンサートの時はアミ族の衣装で登場することが多いSuming。今回のインタビューは普段着で行われました。

 

 

Sumingの控え室には、 駆けつけたファンや友人たちからの差し入れがずらり並んでいましたが、やはり大好きな日本酒が多かったです。

ダイエット中なんだけどと言いながら嬉しそうにしていました。

 

続いて今回日本初公演の嵐馨樂團 LanShin Bandです。

f:id:adcnews:20181120185922p:plain

嵐馨樂團  - 左から Lawa(vo),Ki'ro(b),Adiyaw(vo),Laucu(g),Sula(g),laway(dr) -

 

嵐馨樂團は、台湾原住民アミ族タイヤル族ルカイ族出身のメンバー6人によるバンド。賑やかなインタビューをご覧ください。

 

現在CDを製作中とのことで、今回の日本公演では先行発売としてEPを持参してきた嵐馨樂團のみなさん。

その中身は、全て中国語と日本語で書かれた手作り感満載のリーフレットが。応援したくなりますね。

f:id:adcnews:20181120202855j:plain
f:id:adcnews:20181120202846j:plain
会場で販売された嵐馨樂團のEP

フルアルバムを発売したあと、また日本に来たいと話すメンバーたち。
8月のスミンの来日も楽しみですね。

 

 

【台湾イベントリポート】Suming主催「海邊的孩子-東京公演(台湾原住民の声 コンサート)」ライブ映像公開

笑顔が止まらない楽しいコンサートとなりました。ーーー 海邊的孩子 東京公演

 

f:id:adcnews:20181113202906j:plain

 

 11月11日に青山 月見ル君想フで行われた「海邊的孩子東京公演(台湾原住民の声 コンサート)」。今回は、その楽しいコンサートの模様を全てお届けします。

2008年から始まったこのコンサートは、原住民アーティストSuming舒米恩が伝統文化技術の体得と継承を目的に始め、日本でも公演が行われてきましたが、東京での開催は今回が初めて。開場時間の前から熱心なファンが行列を作っていました。

イベントの前に今回出演のSumingと嵐馨樂團にインタビューをお願いし、撮影をしてきました。準備が出来次第改めてご報告させていただきます。

 

まず最初に登場したのはSuming。
台湾原住民 アミ族のアーティストで、2011年、2016年と台湾最大の音楽賞「金曲獎」を受賞していますので、もはや説明不要ですね。

名実ともに台湾を代表するミュージシャンですが、俳優としても活躍しています。
昨年公開の映画『52Hzのラヴソング(原題:52赫茲,我愛你)』にも出演。日本でもミニコンサートで歌声を披露してくれました。

他にも原住民音楽、伝統文化を発信するイベント台湾アミス音楽祭(阿米斯音樂節)を主宰し、2017年には台湾総統文化賞、青年創意賞を受賞しています。

今回のコンサートでは、このイベントのために、事前に準備した日本語でのMCも見どころです。それでは圧巻の歌声をお聞きください。

  

Sumingは不思議な魅力がありますね。

MCの時のシャイな雰囲気から一転して、歌い出せば彼の歌声に釘付けになります。

 

続いて登場したのは、嵐馨樂團 Lanshin Band。

アミ族タイヤル族ルカイ族出身のメンバー6人構成のバンド。

今年5月に台北で行われた海邊的孩子コンサートで会場に集まった700人の投票で1位を獲得、見事日本行きを決めました。

彼らはリハーサルの時から互いに冗談を言い合い絶えず笑いが起きていて、このコンサートを心から楽しんでいる様子が伺えました。

公式のバンドの紹介には、

雨上がりの山、翡翠色に輝く大自然、壮大な風景が目の前に広がる、風がふき、雲海はまるで海のようだ。心に響かせる、まるで、山奥から生まれるハーモニーのように、彼らは原住民の命で象った歌詞を伝える。

とあります。

同じ台湾ではあるけれど、別々の民族が集まって出来上がった音楽は、驚きとともにこの場に居合わせることのできた喜びを感じました。

原住民音楽の奥深さを知る素晴らしい彼らのパフォーマンスをご覧ください。


また、今回司会を務めた花岡真寿美さんの曲紹介も彼らのバンドの個性を引き立ててくれています。曲と曲の間に行われた掛け合いも見どころです。

 

 

まるでミュージカルを見ているような気持ちになりました。

身近なことが題材で、メッセージが込められた歌詞。それを歌っているから、のんびりとしたポップかと思えば、急にテンポが変わったり、ひとつの曲でどんどん展開して行って、面白くて楽しくて彼らの不思議な魅力に包まれ心地よい時間が過ごせました。

かれら原住民の言葉は全くわからないのですが、日本語にも聞こえるような発音もあり、わからないけど言葉が伝わってくるようなそんな感覚にもなりました。

何気なく演奏している彼らの演奏技術も目を見張るものがありました。

 

嵐馨樂團の演奏が終わり、改めて主宰のSumingが登壇。
最後は、大盛り上がりで幕を閉じました。

そして、このコンサートの最後にに関わった様々な方への感謝をSuming自らが伝える演出。彼らが口々にいう伝統を守り受け継ぐという、その活動の根底にはこうした感謝の思いが詰まっているのだと感じました。

 

 

原住民の音楽というと伝統的な音楽をただ継承して、昔からある音楽を伝えていくことなのかなとついつい抱いてしまいがちですが、Sumingや嵐馨樂團の演奏を聞き、そんなことはないと教えられた気がしました。

今を生き、様々な影響を受け、その中で彼らの伝統音楽と合わさって出来上がった彼らの音楽は、言葉や民族を越え、そのクオリティの高さに感動させられました。

来年11月には、Sumingが主宰する台湾アミス音楽祭(阿米斯音樂節)が行われるそうです。楽しみですね。

サイト運営元
株式会社アジアドキュメンタリーセンター
(ADC,Inc. /亞洲紀録片中心有限公司)
東京都渋谷区富ケ谷2-14-8-301
TEL (81)3-3481-0808
FAX (81)3-3481-8880
ADCHPへはこちらから
お問い合わせはこちらへ