ADCnews - アジア[台湾 中国 香港] 情報サイト

映像制作会社「アジアドキュメンタリーセンター」が気になる"アジア”のエンタメ・グルメ・世界遺産など、動画を中心とした取材でお伝えします。

【東南アジア映画イベントリポート】『メモリーズ・オブ・マイ・ボディ』ガリン・ヌグロホ監督Q&A

 2019年7月3日(水)から10日(水)まで行われている、東南アジアの映画の巨匠による作品を集めた「東南アジア映画の巨匠たち」。オープニングセレモニーの後に、ガリン・ヌグロホ監督(インドネシア)の『メモリーズ・オブ・マイ・ボディ』が上映されました。今回は、上映後に行われたQ&Aの模様をご紹介します。

 


『メモリーズ・オブ・マイ・ボディ』予告編|<東南アジアの巨匠たち>上映作品

 [2018 年/インドネシア/106 分]
『サタンジャワ』に加えてヌグロホ監督の最新作を日本初公開。中部ジャワのレンゲル(女装した男性 が踊る女形舞踊)のダンサーを主人公に、地域の芸能に根付くLGBTQの伝統が見てとれる。「ひとつの身体の中に混在する男性性と女性性を描いています」(監督)。ヴェネチア国際映画祭出品。

 

上映後に、 ガリン・ヌグロホ監督が登場しました。

f:id:adcnews:20190629112231j:plain

ガリン・ヌグロホ監督

ガリン・ヌグロホ監督
1961年、インドネシア生まれ。90年代インドネシア映画新世代のパイオニアとしてその名が知られる。監督作はカンヌ、ヴェネチア、ベルリンをはじめとする数多くの映画祭で上映され、多数の映画賞に輝いた。映画以外にも演劇や美術インスタレーションも手がけるほか、2005年にはジョグジャNETPACアジア映画祭を創設した。

 

Q&A

 

f:id:adcnews:20190705231629j:plain

 

Q:今回この作品を撮ろうと思ったきっかけ。

ヌグロホ監督:今回私の中での一番の挑戦は、男性を美しく描くということでした。女性の美しさについては良く理解しているのですが、男性の体の美しさをどう表現するのかというところが大きな課題でした。以前撮った作品『サタンジャワ』では悪魔と女性のロマンスを描いたのですが、今回の『メモリーズ・オブ・マイ・ボディ』では、男性と男性のロマンスを理解して映画にするというのは非常に素晴らしい経験でした。  

 

Q:実際映画を制作され、男性の美しさについてご自身は理解できましたか。

ヌグロホ監督:やはり世の中全てを理解するというのは不可能だと思うんですね。人や文化というのは、自分と違うものであって、逆に理解できると思ってしまうことの危険もあると思います。今回、非常に強いキャラクターというものを作り上げて、自分なりに表現してみましたが、やっぱり世の中ミステリアスな存在があってこそだと思うんですね。この世の中、全てわかってしまったら退屈だと思います。そうでなければ、私は女性と恋に落ちる、女性に惹かれるということもなかったと思います。愛というのは、人生を生き抜くために不可欠な要素かもしれないです。未知のものというのは、そういった人生の活力になると思うんですね。

 

Q:LGBTをテーマにした映画を上映するということは、インドネシアではどう捉えられているのか。一部上映禁止の運動がおきたとも聞いているが。

ヌグロホ監督:確かにLGBT映画に関しては賛否あります。私の映画も一部の宗教団体の高い地位にある方々に推奨しないという通達を出されたということもありました。私が作ってきた作品の多くはセンシティブな内容も多く含んでいて、多くの議論も起こりました。ただ、映画監督である以上は、どういった反応があるのかということを予測して、腹をくくって撮らなければいけないことはあります。ですから、私は、そういった論争が起きるということを覚悟した上で作っています。宗教団体のお達しを受けて上映しないと決定した映画館もありました。こうした動きに私は民主主義に反することだと考え、声明文を出しました。全ての人に見る権利はあるわけですから。これは許されるべきではないという声明です。この作品はユネスコの文化多様性がある作品に与えられる賞を頂きました。LGBTというテーマだけでなく表現、芸術、ダンスなど総合的な芸術表現を評価していただく賞なのです。このような映画で物議を醸し、議論ができないということは、成熟性を欠くものだと私は考えます。ですので、このようなセンシティブなテーマであってもきちんと取り組む必要があると思います。

 

Q:モノローグで登場するリアント氏について教えてください。

ヌグロホ監督:リアンとさんは、この分野においてはベストなダンサーだと思います。実は、彼とは何度かコラボレーションしていまして、彼のダンスの企画のドラマツールということで私が関わって、その作品は今でもWEBで見ることができます。この作品は、50カ国で公演しました。そして、このリアントさんや他の舞踊家たちと、マスキュリニティ(男性性)とフェミニティ(女性性)というテーマで、3年間リサーチをしてきました。その過程の中でパフォーマンスを作り上げ作品が完成しました。またリアントさんは、新しいピースを作り上げ私もドラマツールという役割で関わっています。リアントさんは、アニュマスというところを拠点にしていてそこで男性が女性を演じる舞踊、レンゲルが行なわれています。

 

Q:この映画が上映された時がちょうど大統領選と統一地方選挙の時期で、映画の中では、今のインドネシア社会ではタブーとされているような表現も多く含まれていたが、このタイミングでの上映は意図的なものだったのか。映画にどのようにメッセージを込めていたか。

ヌグロホ監督:いい質問ですね。でも答えるのは簡単ではないですね。やはり映画を作る度に必ずしも完璧とは言えないインドネシアの政治と社会についても触れたいと考えています。私の撮っている映画は、1920代ぐらいを描いた作品などでもかなり繊細なテーマに切り込んでいます。この『メモリーズ・オブ・マイ・ボディ』に関しても、何かを伝えようとした時に体で伝わることは全体の80%くらい、言葉で伝わることは20%程度に過ぎないと考えています。誰でも人間、身体的なトラウマを抱えていると思います。赤ん坊がなぜ泣くのかというと、自分の生まれた体に対して泣いているのだと思います。トラウマというのは、個人に限らず、社会的トラウマ、政治的なトラウマもありますよね。この映画の主人公は、トラウマからトラウマへ旅をするように新たなトラウマがどんどん出てきて、常にトラウマを背負って生きています。個人のトラウマが政治的なトラウマになり、それがマスキュリニティ(男性性)のトラウマもあれば、フェミニティ(女性性)のトラウマもある。映画に登場する政治家も主人公との関係を暴露されれば、立場が危うくなるといったそういったものを描いているんですね。この作品は、色々な国々から、早く仕上げて欲しいという要望が多かったので、2ヶ月の準備期間、2週間で撮影、編集仕上げ作業に2ヶ月という短い期間で仕上げました。その公開日が選挙の翌日だったということです。私は映画で表現したことが、直接政治に反映していると直感的に感じています。ですからこの映画もそういった要素があるのかもしれません。やはりトラウマというのは、何らかの対処をしておかないと、それが暴力という形で社会に蔓延してしまいます。日本やインドネシア、ドイツなど戦争のトラウマを抱えていますよね。これをきちんと対処しておかないと、何か汚点を残してしまうのではないかと思います。

 

Q:メッセージ

ヌグロホ監督:みなさま足をお運びくださりありがとうございます。この映画によって人生を別の視点で見るような機会になってくれたら嬉しいです。トラウマというのは、身体的だけではない、政治的、社会的なトラウマがあります。それでもご自身の体を愛してください。そして、自分の周りの環境も愛していただきたいと思います。というのは、私たちの体はこうした環境の産物だと思うからです。ありがとうございました。

 

このイベントは、10日まで行われます。

 

www.adcvnews.com

www.adcvnews.com

 

 

 

 

【イベントリポート】「東南アジア映画の巨匠たち」オープニングセレモニーリポート

7月3日から始まった「東南アジア映画の巨匠たち」。オープニングセレモニーの模様をご紹介します。

このイベントは、国際交流基金アジアセンター主催、公益財団法人ユニジャパン(東京国際映画祭)共催で、日本と東南アジアの文化交流事業を幅広く紹介する祭典「響きあうアジア 2019 」の一環として行われています。

セレモニーでは世界で活躍する巨匠監督たちが登壇しました。

f:id:adcnews:20190705123150j:plain

国際映画祭などで評価が高く、日本との文化 交 流も著しい巨匠監督ガリン・ヌグロホ監督(インドネシア)、ブリランテ・メンドーサ監督(フィリピン)、エリック・クー監督(シンガポール)に加え、今後アジアでの活躍が期待される若手監督カミラ・アンディニ監督(インドネシア)、ナワポン・タムロンラタナリット監督(タイ)。さらに、日本とミャンマーをはじめワールドワイドに俳優・アーティストとして活躍する 森崎ウィンさんが、スペシャルゲストとしてお祝いに駆けつけま し た 。

 

東南アジアで活躍する監督が一堂に介すイベント。

オープニングセレモニーの様子をご覧ください。


世界で活躍する東南アジアの監督が大集合【東南アジア映画の巨匠たち 】オープニングセレモニー

オープニングセレモニーの終了後、ガリン・ヌグロホ監督の作品『メモリーズ・オブ・マイ・ボディ』 Memories of My Body が上映されました。

上映後ガリン・ヌグロホ監督のQ&Aが行われました。
その様子は次回リポートします。

 

【東南アジア映画情報】世界的な映画監督が集結!「東南アジア映画の巨匠たち」イベント開催

数々の映画祭で高い評価を受けた監督たちが揃って来日します。

f:id:adcnews:20190628145544j:plain

 

2019年7月3日(水)から10日(水)まで、国際交流基金アジアセンター主催、公益財団法人ユニジャパン(東京国際映画祭)共催で、躍進が目覚ましい東南アジアの巨匠にスポットライトを当てる特集上映「東南アジア映画の巨匠たち」が実施されます。

このイベントは、日本と東南アジアの文化交流事業を幅広く紹介する祭典「響きあうアジア2019」の一環として行うものです。

2014 年以降、東京国際映画祭TIFF)は国際交流基金アジアセンターと共に「国際交流基金アジアセンターpresents CROSSCUT ASIA」をはじめ、さまざまな切り口で東南アジア映画を紹介し、映画を軸とした相互交流を深めてきました。

今回は、その集大成として、 東南アジアの地域を越えて世界に挑戦し映画ファンを魅了し続ける巨匠たちの原点から最新作、注目の若手監督の意欲作を一挙上映します。上映にあわせて、豪華顔ぶれが来日し、 シンポジウムや連日トークも行われます。


響きあうアジア 2019「東南アジア映画の巨匠たち」60秒予告編

 

上映ラインナップをご紹介します。

◎『メモリーズ・オブ・マイ・ボディ』 Memories of My Body  監督来日予定


『メモリーズ・オブ・マイ・ボディ』予告編|<東南アジアの巨匠たち>上映作品

 [2018 年/インドネシア/106 分]
『サタンジャワ』に加えてヌグロホ監督の最新作を日本初公開。中部ジャワのレンゲル(女装した男性 が踊る女形舞踊)のダンサーを主人公に、地域の芸能に根付くLGBTQの伝統が見てとれる。「ひとつの身体の中に混在する男性性と女性性を描いています」(監督)。ヴェネチア国際映画祭出品。

 

ガリン・ヌグロホ監督
1961年、インドネシア生まれ。90年代インドネシア映画新世代のパイオニアとしてその名が知られる。監督作はカンヌ、ヴェネチア、ベルリンをはじめとする数多くの映画祭で上映され、多数の映画賞に輝いた。映画以外にも演劇や美術インスタレーションも手がけるほか、2005年にはジョグジャNETPACアジア映画祭を創設した。

◎『アルファ、殺しの権利』 Alpha, The Right to Kill 監督来日予定


『アルファ、殺しの権利』予告編|<東南アジアの巨匠たち>上映作品

監督:ブリランテ・メンドーサ [2018 年/フィリピン/94 分]
メンドーサ監督が『ローサは密告された』に続いて発表した、フィリピン麻薬戦争を一人の警察官の視 座から生々しく切り取る問題作。警察署が麻薬組織にスパイを送り込み、善と悪、表と裏が入り乱 れる戦いが展開していく。サンセバスチャン国際映画祭審査員特別賞受賞。 (協力:東京フィルメックス

◎『アジア三面鏡2016:リフレクションズ』Asian Three-Fold Mirror 2016: Reflections 監督来日予定


『アジア三面鏡2016:リフレクションズ』予告編

 監督:ブリランテ・メンドーサ、行定勲、ソト・クォーリーカー [2016 年/日本/118 分]
国際交流基金アジアセンターと東京国際映画祭が共同製作したオムニバス映画シリーズ第1 弾。メ ンドーサ監督は第1 話「SHINIUMA Dead Horse」で不法滞在のフィリピン人を主人公に、酷寒の北海道から灼熱のフィリピンへ強制送還の旅路を描く。
他に行定勲監督「鳩 Pigeon」、ソト・クォ ーリーカー監督「Beyond The Bridge」。第29 回TIFF 上映作品

 

ブリランテ・メンドーサ監督
1960年フィリピン生まれ。監督第1作『マニラ・デイドリーム』で05年ロカルノ国際映画祭ビデオ部門金豹賞を受賞。その後数々の国際映画祭で評価される。最もよく知られている受賞は、09年に『キナタイ マニラ・アンダーグラウンド』でカンヌ映画祭監督賞の栄冠に輝いたことだ。近年、フランス政府より芸術文化勲章シュヴァリエを授与された。

◎『ミーポック・マン』[デジタルリストア版] Mee Pok Man ★ジャパンプレミア  監督来日予定

f:id:adcnews:20190629114745j:plain

監督:エリック・クー [1995年/シンガポール/110分、1994年/シンガポール/32分]
斎藤工松田聖子共演の『家族のレシピ』が公開されたクー監督、伝説の長編デビュー作『ミーポック・マン』をAsian Film Archiveによるデジタルリストア版で上映!ミーポック(麺料理)売りの青年と娼婦の愛を描き、シンガポール映画の復興を告げた記念碑的作品。ローカルフードへのこだわり は現在まで一貫。本国で上映禁止となった初期の短篇『痛み』を併映。

◎『一緒にいて』 Be With Me

f:id:adcnews:20190629114444j:plain

監督:エリック・クー [2005年/シンガポール/93分] 妻を亡くした商店主、グルメな警備員、同性に恋する女子高生という3人の孤独を静謐でスタイリッシュな様式のなかに優しく見つめたクー監督の初期の代表作。シンガポール映画として初めてカンヌ映画祭監督週間のオープニングを飾った。第18回東京国際映画祭上映作品

 

エリック・クー監督
1965年シンガポール生まれ。数々の国際映画祭で出品を果たしたシンガポールを代表する映画監督。08年、『私のマジック』(TIFF08出品作)でカンヌ映画祭コンペティション部門に選出。11年『TATSUMI マンガに革命を起こした男』ではカンヌ映画祭ある視点部門出品、アカデミー賞外国語映画賞シンガポール代表に選出。最新作は『家族のレシピ』(18)。

◎『十年 Ten Years Thailand』 Ten Years Thailand


『十年 Ten Years Thailand』予告編|<東南アジアの巨匠たち>上映作品

監督:アーティット・アッサラット、ウィシット・サーサナティヤン、チュラヤーンノン・シリポン、アピチャッポン・ウィーラセタクン [2017年/タイ、香港、日本/93分]
香港・日本・台湾と並んで製作された、10年後の自国を描く近未来オムニバスの国際共同プロジェ クトのタイ版。アピチャッポンは第4話「Song of the City」で銅像の建つ公園とそこに集う人々を素描。第31回東京国際映画祭上映作品

 

アピチャッポン・ウィーラセタクン監督
1970年、タイ生まれ。映画監督、プロデューサー、アーティスト。監督作は『ブンミおじさんの森』(10)など。タイ内外で実験的でハイブリッドな物語映画を活発に製作。カンヌ国際映画祭パルムドールの他、最近ではオランダのプリンス・クラウス・アワードを受賞している。「響きあうアジア 2019」では舞台作品『フィーバー・ルーム』を上演。

◎『飼育』 Shiiku

f:id:adcnews:20190629115915j:plain

監督:リティ・パン [2011年/フランス、カンボジア/93分] 『消えた画 クメール・ルージュの真実』などで知られるドキュメンタリーの巨匠リティ・パンが、大江健三郎芥川賞受賞作「飼育」を1972年のカンボジアの物語に翻案して劇映画化。クメール・ルージュの少年兵が墜落した米軍機の黒人パイロットを鎖につないで“飼う”グロテスクな寓話。大島渚監督 版『飼育』との比較も一興。第24回東京国際映画祭上映作品

 

リティ・パン監督
1964年、カンボジア生まれ。カンヌ映画祭ある視点部門グランプリ受賞作『消えた画 クメール・ルージュの真実』(13)等、ドキュメンタリー映画を中心に高い評価を受けている。映画製作の傍ら、カンボジアの視聴覚資料を収集・公開するリソースセンターやフィルム・コミッションを設立し、カンボジアの映像分野の牽引役として活動している。

◎『見えるもの、見えざるもの』 The Seen and Unseen ★監督来日予定


『見えるもの、見えざるもの』予告編|<次世代の巨匠たち>上映作品

 監督:カミラ・アンディニ [2017年/インドネシア・オランダ・オーストラリア・カタール/86分]
国際的に高く評価されるインドネシアの若手女性監督アンディ二の、『鏡は嘘をつかない』に続く第2作。脳障害で寝たきりの弟を看病する10歳の少女タントリの心は真夜中に解放される。現実と幻想の入り交じった描写が美しい。(協力:東京フィルメックス

 

カミラ・アンディニ監督
1986年、ガリン・ヌグロホ監督の長女としてジャカルタに生まれる。オーストラリア留学を経て、『鏡は嘘をつかない』(11)で監督デビュー。東京国際映画祭TOYOTA Earth Grand Prixを受賞するなど国際的に高い評価を得る。第2作『見えるもの、見えざるもの』(17)で東京フィルメックス最優秀作品賞を受賞。

◎『ダイ・トゥモロー』 Die Tomorrow ★東京初上映 ★監督来日予定


『ダイ・トゥモロー』予告編|<次世代の巨匠たち>上映作品

監督:ナワポン・タムロンラタナリット [2017年/タイ/75分]
『マリー・イズ・ハッピー』など新世代タイ映画の旗手ナワポン監督が「死」について思いを巡らすドキュ=ドラマ。「人生の最後の1日は、ごくごく普通の1日でありがち」(監督)という認識のもと、普通の人が最後の一日を過ごすドラマ部分と、人々が死について語るインタビュー部分で構成されている。 (協力:大阪アジアン映画祭)

 

ナワポン・タムロンラタナリット監督
1984年、タイ生まれ。インディペンデント、商業映画の両方で脚本家として活動した後、監督としてデビュー。ユニークでエキセントリックなスタイルは高い評価を得て、国内外の映画賞を多数受賞している。昨年の東京国際映画祭ではBNK48のドキュメンタリー 『BNK48: Girls Don't Cry』が上映された。

◎『アジア三面鏡2018:Journey』 Asian Three-Fold Mirror 2018: Journey


【公式】『アジア三面鏡2018:Journey』予告編 HD

監督:デグナー、松永大司エドウィン [2018年/日本/83分]
「アジア三面鏡」シリーズ第2弾は若手監督3人の競作。エドウィン監督の第3話「第三の変数」では、倦怠気味の夫婦が東京旅行で謎の男と出会い、関係に変化が生じていく。シュールなエドウィン・ワールド全開!他にデグナー監督「海」、松永大司監督「碧朱」。第31回東京国際映画祭上映作品

 

エドウィン監督
1978年、インドネシア生まれ。短編『Kara, The Daughter of A Tree』(05)はインドネシア初のカンヌ映画祭監督週間上映作品。『動物園からのポストカード』(12)はベルリン映画祭コンペティション部門入選、最新作『アルナとその好物』(18)は、ベルリン国際映画祭のCulinary部門にて上映。

 

7 月3 日(水)か ら7 月10 日(水)まで有楽町スバル座東京芸術劇場にて開催

f:id:adcnews:20190629122900j:plain

イベントに合わせ様々なイベントが行われます。
オープニングセレモニーには、ガリン・ヌグロホ監督、ブリランテ・メンドーサ監督、エリック・クー監督、 カミラ・アンディニ監督、ナワポン・タムロンラタナリット監督、そして、スペシャルゲストとして、俳優の森崎ウィンさんも登壇する予定です。

 

上映スケジュールは以下の通りです。ほとんどの上映回にゲストが登壇する予定です。

f:id:adcnews:20190629123926j:plain

上映スケジュール

世界中から注目を集める、東南アジアの映画を一気に楽しめるまたとないチャンスです。ぜひ足をお運びください。

 

イベント情報

名称 :響きあうアジア2019「東南アジア映画の巨匠たち」
主催 :独立行政法人国際交流基金アジアセンター
共催 :公益財団法人ユニジャパン、東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団

上映日程: 2019 年7 月4 日(木)~7 月10 日(水)
会場:有楽町スバル座
※上映時間などの詳細は公式サイトをご覧ください。

上映チケット: 6 月8 日(土)よりローソンチケットにて発売
前売券:6 月8 日(土)12:00 ~7 月2 日(火)23:59 まで
料金(税込) 一般:1,000 円 U-25・シニア:500 円
当日券:7 月3 日(水)0:00 ~各上映当日上映終了まで
一般:1,500 円 U-25・シニア:1,000 円
L コード:33683 ※U-25 割引(25 歳以下)、シニア割引(60 歳以上)
一般お問合せ先: 国際交流基金アジアセンター 文化事業第1 チーム
TEL:03-5369-6140(平日10:00-18:00) jfac_film@jpf.go.jp
公式サイト: https://asia2019.jfac.jp/

 

サイト運営元
株式会社アジアドキュメンタリーセンター
(ADC,Inc. /亞洲紀録片中心有限公司)
東京都渋谷区富ケ谷2-14-8-301
TEL (81)3-3481-0808
FAX (81)3-3481-8880
ADCHPへはこちらから
お問い合わせはこちらへ