ADCnews - アジア[台湾 中国 香港] 情報サイト

映像制作会社「アジアドキュメンタリーセンター」が気になる"アジア”のエンタメ・グルメ・世界遺産など、動画を中心とした取材でお伝えします。

【台湾イベントリポート】Suming主宰「海邊的孩子-東京公演(台湾原住民の声 コンサート)」ライブ映像公開

笑顔が止まらない楽しいコンサートとなりました。ーーー 海邊的孩子 東京公演

 

f:id:adcnews:20181113202906j:plain

 

 11月11日に青山 月見ル君想フで行われた「海邊的孩子東京公演(台湾原住民の声 コンサート)」。今回は、その楽しいコンサートの模様を全てお届けします。

2008年から始まったこのコンサートは、原住民アーティストSuming舒米恩が伝統文化技術の体得と継承を目的に始め、日本でも公演が行われてきましたが、東京での開催は今回が初めて。開場時間の前から熱心なファンが行列を作っていました。

イベントの前に今回出演のSumingと嵐馨樂團にインタビューをお願いし、撮影をしてきました。準備が出来次第改めてご報告させていただきます。

 

まず最初に登場したのはSuming。
台湾原住民 アミ族のアーティストで、2011年、2016年と台湾最大の音楽賞「金曲獎」を受賞していますので、もはや説明不要ですね。

名実ともに台湾を代表するミュージシャンですが、俳優としても活躍しています。
昨年公開の映画『52Hzのラヴソング(原題:52赫茲,我愛你)』にも出演。日本でもミニコンサートで歌声を披露してくれました。

他にも原住民音楽、伝統文化を発信するイベント台湾アミス音楽祭(阿米斯音樂節)を主宰し、2017年には台湾総統文化賞、青年創意賞を受賞しています。

今回のコンサートでは、このイベントのために、事前に準備した日本語でのMCも見どころです。それでは圧巻の歌声をお聞きください。

  

Sumingは不思議な魅力がありますね。

MCの時のシャイな雰囲気から一転して、歌い出せば彼の歌声に釘付けになります。

 

続いて登場したのは、嵐馨樂團 Lanshin Band。

アミ族タイヤル族ルカイ族出身のメンバー6人構成のバンド。

今年5月に台北で行われた海邊的孩子コンサートで会場に集まった700人の投票で1位を獲得、見事日本行きを決めました。

彼らはリハーサルの時から互いに冗談を言い合い絶えず笑いが起きていて、このコンサートを心から楽しんでいる様子が伺えました。

公式のバンドの紹介には、

雨上がりの山、翡翠色に輝く大自然、壮大な風景が目の前に広がる、風がふき、雲海はまるで海のようだ。心に響かせる、まるで、山奥から生まれるハーモニーのように、彼らは原住民の命で象った歌詞を伝える。

とあります。

同じ台湾ではあるけれど、別々の民族が集まって出来上がった音楽は、驚きとともにこの場に居合わせることのできた喜びを感じました。

原住民音楽の奥深さを知る素晴らしい彼らのパフォーマンスをご覧ください。


また、今回司会を務めた花岡真寿美さんの曲紹介も彼らのバンドの個性を引き立ててくれています。曲と曲の間に行われた掛け合いも見どころです。

 

 

まるでミュージカルを見ているような気持ちになりました。

身近なことが題材で、メッセージが込められた歌詞。それを歌っているから、のんびりとしたポップかと思えば、急にテンポが変わったり、ひとつの曲でどんどん展開して行って、面白くて楽しくて彼らの不思議な魅力に包まれ心地よい時間が過ごせました。

かれら原住民の言葉は全くわからないのですが、日本語にも聞こえるような発音もあり、わからないけど言葉が伝わってくるようなそんな感覚にもなりました。

何気なく演奏している彼らの演奏技術も目を見張るものがありました。

 

嵐馨樂團の演奏が終わり、改めて主宰のSumingが登壇。
最後は、大盛り上がりで幕を閉じました。

そして、このコンサートの最後にに関わった様々な方への感謝をSuming自らが伝える演出。彼らが口々にいう伝統を守り受け継ぐという、その活動の根底にはこうした感謝の思いが詰まっているのだと感じました。

 

 

原住民の音楽というと伝統的な音楽をただ継承して、昔からある音楽を伝えていくことなのかなとついつい抱いてしまいがちですが、Sumingや嵐馨樂團の演奏を聞き、そんなことはないと教えられた気がしました。

今を生き、様々な影響を受け、その中で彼らの伝統音楽と合わさって出来上がった彼らの音楽は、言葉や民族を越え、そのクオリティの高さに感動させられました。

来年11月には、Sumingが主宰する台湾アミス音楽祭(阿米斯音樂節)が行われるそうです。楽しみですね。

【イベント情報】テュルク語系諸民族の伝統音楽が一堂に。「テュルク世界の大いなる遺産」コンサート開催

ユーラシア大陸の広大な地域に住む、テュルク語系の諸民族による多民族合同の民族オーケストラと、各国を代表するソロ歌手5名、ダンサー9名による夢のコンサートが行われます。

 

f:id:adcnews:20181112164133j:plain

「テュルク世界の大いなる遺産」コンサート

 

アゼルバイジャンカザフスタンキルギス、トルコ、トルクメニスタンウズベキスタン、そしてロシア連邦内の民族共和国であるアルタイ、サハ、タタルスタン、トゥヴァ、ハカス、バシコルトスタン、さらにはモルドヴァ共和国のガガウズ自治区。テュルク語系の国々の国際文化機構である、 テュルクソイ(国際テュルク文化機構)結成25周年記念コンサートです。

 

(公式HPより) 

 

主な出演者

ロシア連邦サハ共和国口琴ホムス奏者
ユリヤナ クリヴォシャープキナ Yuliyana Krivoshapkina
国際口琴大会で「世界口琴名人」にも選ばれたそうです。

 


キルギスのアンサンブル「アカック Akak」 による三弦楽器のコムズ合奏
楽器を回転させながら弾いたりとアクロバティックな演奏が見どころです

 昨年行われたキルギス外交25周年イベントでご覧になった方もいらっしゃると思います。


ウズベキスタンのロヴシャンジョン ユヌソフ Rovshanjon Yunusovによるドイラのソロ

そのほか珍しい民族楽器の演奏や踊りと見どころいっぱいのコンサートとなっています。 楽しみですね。

 

 

開催概要

テュルクソイ(国際テュルク文化機構)結成25周年記念コンサート
「テュルク世界の大いなる遺産」

主催:在日キルギス大使館、在日アゼルバイジャン大使館、在日カザフスタン大使館、在日トルコ大使館、在日トルクメニスタン大使館、テュルクソイ

共催:川崎市カルッツかわさき、神奈川県、港区、目黒区、(公財)目黒区国際交流協会浜松市楽器博物館、(公財)浜松市文化振興財団、Yunus Emre Enstitüsü - トルコ文化センター東京

協賛:日本タバコ産業株式会社、東京製鋼インターナショナル

 

公演は5箇所で行われます。

f:id:adcnews:20181112164411j:plainf:id:adcnews:20181112211007j:plain

 

チケットの詳細については公式ホームページをご覧ください。


11月14日 川崎
テュルク世界の大いなる遺産 ~テュルクソイ(国際テュルク文化機構)結成25周年記念コンサート

 

11月15日 横浜
テュルク世界の大いなる遺産 ~テュルクソイ(国際テュルク文化機構)結成25周年記念コンサート 横浜公演


11月16日 赤坂
テュルク世界の大いなる遺産 ~テュルクソイ(国際テュルク文化機構)結成25周年記念コンサート

 

11月18日 浜松
中央アジアの音楽と楽器 ~テュルク世界の大いなる遺産~ テュルクソイ(国際テュルク文化機構)結成25周年記念


11月20日 目黒

テュルク世界の大いなる遺産 ~テュルクソイ(国際テュルク文化機構)結成25周年記念コンサート

 

11月21日には民族舞踊ワークショップも行われます。
テュルクソイ民族舞踊ワークショップ

 

公演内容に関するお問合せ
テュルク文化フェスティバル実行委員会
MAIL:fm9r-tdgw@asahi-net.or.jp
TEL:080-3208-7007(直川)

 

WEBサイト・SNS
テュルク世界の大いなる遺産

在日キルギス共和国大使館
在日キルギス共和国大使館 - ホーム | Facebook


テュルクソイ

Uluslararası Türk Kültürü Teşkilatı - Türksoy - ホーム | Facebook

https://www.turksoy.org/

 

【2018東京・中国映画週間】閉幕式・クロージング作品「ニセ薬じゃない!」も上映!

f:id:yuzu_adc:20181027154039j:plain

今年で13回目の開催となる「東京・中国映画週間」は、東京国際映画祭の提携企画として、10月19日(金)から10月26日(金)の期間において開催され、日中平和友好条約40周年という節目に相応しく、閉幕式には中国映画界を代表する豪華ゲストが参加しました。

閉幕式のオープニングには、上映作品「崑劇映画-景陽鐘」に出演した役者さんによる崑劇も披露され、華を添えました。

f:id:yuzu_adc:20181027160737j:plain

 

また、日本中国文化交流協会副会長であり日中映画祭実行委員会芸術顧問を務める女優・栗原小巻さんも登壇し

「映画が持つ力は偉大です。平和友好の誓いが、映画交流で実現するのはとても光栄なこと。中国映画週間に参加していただき、映画を愛する観客を代表して感謝を申し上げます。共に、アジアの映画を発展させていきましょう」

と中国の映画界へ感謝の意を述べました。

最後に、今回来日された豪華ゲストが登壇し、日本の観客に向けてメッセージを伝えてくれました。特に、「オペレーション・レッドシー」に出演した黄景瑜にはたくさんの声援が送られていました。

f:id:yuzu_adc:20181027165059j:plain

【登壇ゲスト】

俳優: 徐峥(「ニセ薬じゃない」)
女優: 海清(「オペレーション・レッドシー」)
俳優: 黄景瑜(「オペレーション・レッドシー」)
女優: 王麗坤(「プレイヤー A to B」)
女優: 俞飛鴻
監督: 畢国智
監督: 蘇倫
監督: 韓延
女優: 陳祉希
監督: 呉有音
プロデューサー:谷好好(「崑劇映画-景陽鐘」)
監督: 夏偉亮(「崑劇映画-景陽鐘」)
女優: 陳莉(「崑劇映画-景陽鐘」)
俳優: 黎安(「崑劇映画-景陽鐘」)
女優: 邱林(「灰色だった空を見上げ、僕らは明日に向かう」)
俳優: 楊玏
女優: 尚語賢
監督: 阿年(「灰色だった空を見上げ、僕らは明日に向かう」)
爱新觉罗启星
徐林林
魏一
監督:範慶(「母になる」)
林鵬(「母になる」)
陳思成(「母になる」)

 

クロージング作品「ニセ薬じゃない!」

「ニセ薬じゃない!」は、2014年の中国で実際に起きた「陸勇事件」を題材に作られ、社会問題に切り込んだ作品。2018年夏の中国最大の話題作が、中国映画週間でクロージング上映されました。

 

f:id:yuzu_adc:20181027165151j:plain

 閉幕式終了後、約10分ほどの主演の徐峥さんの舞台挨拶がありました。

 「中国にはたくさんの映画があります。その中で、この作品をクロージング作品に選んでいただき感謝します。この作品は、実際に中国で起きた事件を扱った作品で、社会的な関心を持ってたくさんの方に観て頂き、9000万人も動員しました。李克強首相にもこの映画を観て頂き、医療問題に変化が起こっていきました。今回は、時間的な問題で、この作品を東京国際映画祭コンペティションに出品することができませんでしたが、映画のレベルとしても話題としても問題ないと思っています。次回、機会があれば、他の作品で参加したいです」
と、東京国際映画祭での上映のチャンスを希望していました。

 最後に印象のあるシーンは?と司会が質問したところ

「映画を観た後だったらお伝えできるが…
映画を観る前なので、僕が言えるのは…映画を観て楽しんでください!」
と笑顔で答えてくれました。

 

今年は、例年を上回る多数の豪華ゲストと話題作を引っさげての中国映画週間。
今後、中国映画が、もっと日本でも上映される機会が増えていくことを願っています。

 

サイト運営元
株式会社アジアドキュメンタリーセンター
(ADC,Inc. /亞洲紀録片中心有限公司)
東京都渋谷区富ケ谷2-14-8-301
TEL (81)3-3481-0808
FAX (81)3-3481-8880
ADCHPへはこちらから
お問い合わせはこちらへ