ADCnews - アジア[台湾 中国 香港] 情報サイト

映像制作会社「アジアドキュメンタリーセンター」が気になる"アジア”のエンタメ・グルメ・世界遺産など、動画を中心とした取材でお伝えします。

【高円寺にネコが集まる】グループ展覧会「ねこ展」今日から開催!アメリカ人アーティスト、エリカさんが描くネコと日本

「言葉では表せられない日本を水彩画で表現したい」ーーー エリカ・ワード(アメリカ)

      

高円寺の商店街にあるアートギャラリー兼コーヒーショップ「CLOUDS ART+COFFEE」では、6月26日(火)から7月1日(日)まで、20名のアーティストによる猫にまつわる作品が展示された「ねこ展」が行われています。

 

f:id:yusukeyasuda:20180627191426j:plain

 

中でも注目のアーティストが、エリカ・ワード(ERICA WARD)さん。アメリカ・カリフォルニア生まれのエリカさんは、14歳の時初めて来日。故郷のサンタ・クルーズ市の姉妹都市である和歌山県新宮市で生活する中で、歴史と現代が共存する日本に魅力されました。「その感動は言葉では表現できないけど、水彩画で伝えたい。」作品作りの原動力は、そんな思いからでした。帰国後、日本への関心がさらに高まり、マサチューセッツ大学の日本語学部に進学。日本語や日本文化を学び、卒業後はALT(外国語指導助手)として日本に戻ってきたエリカさん。地方の学校で英語を教える傍、自主制作で日本をテーマにした作品を描き続け、各地で展覧会を開いてきました。

 

今回のグループ展覧会で、エリカさんは6作品を出展。 

 

 

f:id:yusukeyasuda:20180626163222j:plain

Kaminarimon「雷門」

         Erica Ward エリカ・ワード2018 Ink, watercolor on paper ペン、水彩、紙

 

 

水彩画ならではの優しいタッチと親しみあるネコたちの無邪気に戯れる姿が印象的な作品。雷門という東京の「歴史」に、ネコたちが自由気ままにいるという独特な世界観は、エリカさんがこれまで日本各地に住んできた中で培ってきた想像力だと私は感じました。

 

現在、エリカさんは水彩アーティストとして歴史と現代が共存する日本の首都である東京で制作活動を続けています。制作でいつも意識することは、「相反するものを同じ空間で表現することで生み出されるいつもと違う日本の姿」。「伝統」と「現代」、「自然」と「人工物」そういった異なるものが同時に存在する日本は、エリカさんのインスピレーションになっていると言います。

 

f:id:yusukeyasuda:20180626223414p:plain

 

 

きめ細かな筆使いで、歴史と現代を大胆に組み合わせる世界観を生み出し続けるエリカさんの作品に、多くの人々が魅了されています。  

 

   f:id:yusukeyasuda:20180626223926j:plain

 

 

自分に見える日本の姿を紹介することで、普段当たり前だと思っていることに新しい見方を伝えたい。エリカさんはそんなメッセージを作品に込めています。

 

今回の「ねこ展」には、エリカさんの他にも、総勢19名のアーティストの独自な視点で捉えたネコたちがいます。

 

f:id:yusukeyasuda:20180627192052j:plain

 

表現の方法は、絵画、写真、イラストと色々で、グッズの展示・販売もあります。慌ただしい世の中で日々奮闘する私たち、ちょっとした息抜きでネコから癒しをもらいに足を運んでみてはいかがでしょうか。店内ではドリンクの注文もでき、特に自家焙煎のコーヒーはお店の看板メニュー。心温まるコーヒー片手にじっくりアート鑑賞ができる空間です。きっとあなたのお気に入りネコが見つかるかもしれません。

 

 

f:id:yusukeyasuda:20180627191827j:plain

 

エリカさんが展覧会にいるのは、27日(水)の午後と、30日(土)のレセプションパーティーの予定です。

 

 展覧会情報

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ねこ展 

開催時期:2018年 6月26日(火)〜 7月1日(日)

開催場所:166-0002 東京都杉並区高円寺北2-25-4 CLOUDS ART+COFFEE

開催時間:10時〜18時

入場:無料

*レセプションパーティー:2018年6月30日18時から20時まで 

 

今回の展覧会の会場であるCLOUDS ART+COFFEEでは、2017年の開店以来、アーティストの表現の場を提供し続けています。今後も、様々アートの展覧会やイベントを行っていくとのことです。これからのイベント情報はこちからご覧ください。

 

【湖南・雲南・台南料理】本格的で斬新!水岡シェフが生み出す魅惑の中華

今年の5月7日に開店したばかりの南方中華料理 南三(みなみ)。中華料理に新たな風を送り込んでいる、オーナーシェフの水岡孝和さんに話を聞いてきました。

 

f:id:adcnews:20180605145601j:plain

水岡さんは、様々な中華料理店で修行を重ね、「黒猫夜」銀座店では店長も務めました。いわゆる普通の中華料理とは一線を画す、珍しい中国、台湾などの料理を得意としています。本格的に中華料理を学ぶため台湾に留学、台湾や中国の料理を食べ歩きその特徴を生かしながら、オリジナルの料理に発展させています。

開店前から注目されており、すでに有名料理雑誌や中華料理サイトなどにも取り上げられています。水岡さんのFBでは連日満席の書き込みが。

開店から1ヶ月。お店を尋ねてみました。
場所は四谷・荒木町商店会、車力門通りの奥にある小さな路地にあります。

 

f:id:adcnews:20180605152446j:plain

 

黒猫夜もそうでしたが、初めてではなかなか入りにくい佇まい。
でも、そこを頑張って乗り越えてください。笑顔が止まらなくなる料理が待っています。

 

f:id:adcnews:20180605142917j:plain

 

店に入ると待ち構えているのは、厨房に吊るされたソーセージや燻製。水岡さんが得意とする南方中華料理には欠かせない食材です。燻製にする理由は、是非お店で尋ねてみてください。

 

f:id:adcnews:20180605163526j:plain

 

料理は5000円のコースのみ。水岡さんのお任せです。

冷菜から始まり、デザートまで、日本ではなかなかお目にかかれない中華料理の数々。驚きと喜びで一杯の楽しい料理が続きます。

 

f:id:adcnews:20180605164618j:plain

 

そんな水岡さんにインタビューしてきました。ソーセージや燻製の調理風景も撮影させていただきました。

 

 

是非お店を訪ねてみてください。料理も素晴らしいですが、水岡さんの中華料理に対するこだわりを聞きながら食べる料理は、何倍も美味しくなります。

中華料理は味を重ねていくのが特徴と話す水岡さん。

香りや食感を楽しみ、噛めば噛むほどに様々な味が口に広がる水岡さんの世界を是非堪能してください。

店舗情報

南方中華料理 南三(みなみ)
新宿区荒木町10-14 伍番館ビル2F-B
電話:03-5361-8363
営業時間:18:00~23:00(22:00L.O.)※入店21:00まで
定休日:日曜・祝日

まずは公式FBをチェックしてください。空き状況などこまめに更新しています。
予約はお電話でも可能ですが、営業中はメッセージの方が嬉しいとのことです。

 

 

【台湾バンドLiveReport】Mary See the Futureライブ&インタビュー

2018年5月11日に新宿MARZで台湾バンドMary See the Futureのライブが行われました。

 

f:id:adcnews:20180514221522j:plain

 www.adcvnews.com

彼らが日本でライブを行うのは、6年前の沖縄以来2度目となります。【Mary See the Future 2018 梅雨季】と題して、中国をまわり最後にやってきたのが日本。当日は、台湾や日本のファンが詰めかけました。 

 ライブ直前に行われた彼らのインタビューをご紹介します。

 

 ライブは、ゲストで招いた日本のバンドの演奏のあと、トリで登場。

頑張って話してくれた日本語や、英語のMCを交えながら行われました。

 

ボーカルJoshの切なくも聞こえる歌声が、彼らの独特な世界観を作り上げ、これから始まる梅雨の憂鬱な気分を晴らしてくれるような、楽しめるライブでした。

ライブの模様をご覧下さい。


 

 

ここ数年様々な台湾バンドが日本にやってきてくれます。楽しみなバンドも増え、更に盛り上がっていくことでしょう。彼らの活躍もご期待下さい。 

サイト運営元
株式会社アジアドキュメンタリーセンター
(ADC,Inc. /亞洲紀録片中心有限公司)
東京都渋谷区富ケ谷2-14-8-301
TEL (81)3-3481-0808
FAX (81)3-3481-8880
ADCHPへはこちらから
お問い合わせはこちらへ