ADCnews - アジア[台湾 中国 香港] 情報サイト

映像制作会社「アジアドキュメンタリーセンター」が気になる"アジア”のエンタメ・グルメ・世界遺産など、動画を中心とした取材でお伝えします。

【台湾イベントリポート】フィガロツェンファンミーティングダイジェスト動画公開

8年ぶりのファンミーティングです。

 

f:id:adcnews:20181220012200p:plain

  

2018年12月15日に原宿ライブスペースアロで行われた、フィガロ・ツェンのファンミーティングの模様をご紹介させていただきます。

8年ぶりにファンの前に登場したフィガロは、少しヒゲを生やした大人の男性になっていました。役作りのため伸ばしているそうです。

 

f:id:adcnews:20181219165009p:plain


ファンミーティングは、8年間の軌跡、プライベートについて、ファンからの質問コーナー、ミニライブが行われました。

 

早速イベントの様子をご覧ください。


フィガロ ツェンファンミーティング ダイジェスト

※日本語字幕入れました

 

f:id:adcnews:20181220123341j:plain

イベントでは、フィガロが大好きなミュージシャン「羊毛とおはな」の市川和則さんが駆けつけ、コミックボーイズ時代の楽曲を含んだ2曲を演奏してくれました。

羊毛とおはなオフィシャルホームページ

 

おそらく会場に駆けつけたファンのみなさんは、コミックボーイズ時代からフィガロを応援している方々ばかりだったとおもいます。フィガロが歌っている最中、会場がなんとも言えない温かい雰囲気に包まれました。懐かしいような、嬉しいようなそんな気持ちにさせられました。

 

また会場ではサプライズ映像として、ネスレシアター「What is REAL」で共演した田中要次さんのメッセージも公開されました。この作品は、イベント開催前の客入れの時にもスクリーンで流れていました。

現在公式サイトでは、本編に加えて監督のディレクターズカット完全版も見ることができます。

 

nestle.jp

 

フィガロは、拠点を北京に移しさらなる飛躍を目指して活動しています。
今度はもっと早く日本のファンの前に来てくれることでしょう。

【中国新疆で活動を続ける日本人】必見!中国の文化遺産保護の裏側を記した貴重な実録本出版

 


中国シルクロードの貴重な遺跡の保護活動を記した本が発売されました。

 

先月出版された「中国新疆36年国際協力実録」が専門家たちの間で大きな反響を呼んでいる。著者は、新疆ウイグル自治区文化遺産の保護をはじめ小学校の建設や奨学金の設置、井戸の掘削など、様々な面で国際協力を推進してきた小島康誉さん。小島さんが最初の保護に取り組んだ遺跡は、中国4大石窟の一つ「キジル千仏洞」。2014年に世界遺産に登録された遺跡だ。かつてシルクロードの要衝だった天山山脈のふもとクチャ付近にあり、日本への仏教伝播に欠くことのできない重要な遺跡である。小島さんがキジル千仏洞に出会ったのは、32年前。その保護に始まり、ニヤ遺跡やダンダンウイリク遺跡の発掘保護と長きにわたったおこなってきた。当書籍は、その実録を詳細に具体的なものを提示しながら記しているのだ。

 

f:id:yusukeyasuda:20181205001608p:plain

                         「中国新疆36年国際協力実録」 表紙

 

 この本の見どころは、840点に及ぶ写真と資料だ。特に、資料はこれまで公になってこなかった契約書やそれに関連するものなどがふんだんに掲載されている。当時の中国は、改革開放が始まったばかり。地方では文化大革命の影響がまだ残り、外国との民間交流をどう進めていけばよいのか手探りの状態。外国人とどのように付き合うべきか、外国からの資金援助をどう受けるべきか、など現地での試行錯誤の様子をうかがい知ることができる。

 

f:id:yusukeyasuda:20181205001506p:plain

                   契約書など書類  「中国新疆36年国際協力実録」より

 

 さらに豊富な写真は、当時を知る由もない我々読者のイメージを補うのに十分な質と量である。キジル千仏洞を修復するための足場は、竹や木材で組まれていてその1本1本までも鮮明に見ることができる。まだ昔の人民服を着ている人も散見され、30年前の中国を知ることができる。大国を自認する中国のビフォー・アフターが分かる記録だ。

 

f:id:yusukeyasuda:20181205114905j:plain
                 キジル千仏洞の修復 「中国新疆36年国際協力実録」より 

 

 ニヤ遺跡の発掘の様子を伝える場面では、発掘調査の困難さを知ることもさることながら、その発掘をするまでの過程やノウハウも克明に記録されている。これは、後世の研究者や若者たちにとってかけがえのない情報となるはずである。

 

f:id:yusukeyasuda:20181205001709p:plain

                   砂漠を行く写真 「中国新疆36年国際協力実録」より

 

 最後に小島さんの功績を象徴するものが、国宝「五星出東方利中国」と織られた錦である。しかし、これはあくまで象徴であって、その裏側にある氏の苦労や喜びはどれほどのものだったのか。氏の続けてきた国際協力により、どれほど多くの中国の人が幸せになったのかは、想像もできない。

 小島さんは、これまでの活動の総決算と位置付ける当書籍は、そんな見えないところも想像させる貴重な本である。是非、ご覧ください!

 

f:id:yusukeyasuda:20181205130058j:plain

                                                                                  国宝 五星出東方利中国 「中国新疆36年国際協力実録」より

 


 

記事:永野浩史

小島さんのブログ

シルクロード国献男子30年 | ADC文化通信
国献男子ほんわか日記 | ADC文化通信

 


以前ご紹介させていただいた小島さんの記事です。 

 

【台湾イベント情報】フィガロツェン、ファンミーティング開催 2ショット撮影も!!

フィガロからのクリスマスプレゼント。きっと思い出になるイベントとなります。

f:id:adcnews:20181202225605j:plain

フィガロ ツェン

日本で活動も始めたフィガロ・ツェンのファンミーティングが開催されます。

フィガロといえば、可米小子(コミックボーイズ)。F4の弟分だから、F4ドラマにたくさん出演していました。

私が出会ったのは、2004年。出会ったといっても画面を通してですが、当時台湾ドラマを日本で放送するために編集する仕事をしていた、ジェリー・イェン主演の「恋のめまい愛の傷」です。このドラマ、私が見たのはジャッキー・チュン(張學友)のCDに入っていた特典映像でして、贅沢なCDだなと驚いた事を覚えています。

その後C-POP WORLDという番組で、実際にお会いしました。

最初は、可米小子として。番組のタイトルを読み上げてもらうタイトルコールでの出演で、ハジメちゃんこと王傳一とかショーンとかと一緒でした。

ちゃんと仕事したのは、フィガロと名古屋を見て回る撮影で。「流星花園II」とかで初々しい頃を見ていたので、急に大人になったという印象でした。

撮影では、こちらの都合で待たせてしまったり、朝から晩まで撮影したりと大変な撮影でも、ずっと笑顔で周りのスタッフに気をつかう人で、もうとにかく好青年でした。

他の現場で出会ってもいつも変わらずいい人で、以来陰ながら応援しています。

 

その当時から日本語の勉強をしていると聞いていましたが、今も勉強を続けていてかなり上手と聞いています。ファンミーティングでもきっと流暢に話してくれることでしょう。

参加者全員との2ショット撮影会を行うのとのことです!

台湾でアイドルのCD販売イベントとかで、3枚買ったらハグ、5枚買ったら一緒にティータイムなどありますが、フィガロはそんなこと関係なく全員です!!

フィガロと過ごすちょっと早いクリスマス。ぜひ足をお運びください。

オフィシャルより

この度、台湾俳優のフィガロ・ツェンが日本での「クリスマスミーティング」を行うことが決定しました。2018年、短編映画「What is REAL?」で田中要次藤井美菜と共演。日本での人気も高まるフィガロ・ツェン。先日は、「クリスマスミーティング」オフィシャル写真とカルチャー・サイト「A PEOPLE」(エーピープル)ロング・インタビューのために来日。イベントが開催される表参道で素敵な写真を撮影しました。ロング・インタビューはその時撮影したビジュアルと共に11月22日より配信。「クリスマスミーティング」は12月15日に開催されます。

プロフィール

f:id:adcnews:20181202224206j:plain


フィガロ・ツェン(曾少宗)

1981年11月18日生まれ。台湾高雄出身。2002年、台湾ドラマ「流星花園花より男子」から生まれたアイドルグループ・F4の弟分を選ぶオーディションを通過し、6人組ユニット・コミックボーイズ(可米小子)のメンバーとしてデビュー。3枚のアルバムを残す。2005年にユニットを解散後は演技の世界に活躍の場を移し、「悪魔で候~悪魔在身邊~」、「イタズラなKiss Ⅱ~惡作劇2吻~」、「秋のコンチェルト」などのドラマに出演。2008年には日本企業のCMに出演。2018年、短編映画「What is REAL?」で田中要次藤井美菜と共演。

開催情報

■台湾俳優フィガロ・ツェンクリスマスファンミーティング2018

日時:2018年12月15日(土)

開場:13:00/開演:13:30/終演予定:15:30

会場:ライブスペースアロ

http://www.lapin-et.com/index.html

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-44-2

LAPIN ET HALOT(ラパン・エ・アロ)

料金:7000円(全席自由席)

チケットぴあにて発売中

https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b1821943

※当日は全席自由席、先着順に整列して入場いただきます。

※ただし、13時開場となっておりますので「開場30分以上」前から順番待ちで並ぶことはできません。何卒、予めご理解、ご了承いただきますようお願いいたします。

主催:フィガロ・ツェンプロジェクト2018

企画・運営:A PEOPLE(エーピープル)株式会社 

問い合わせ:ap_info@apeople.world

 

■カルチャー・サイトA PEOPLE(エーピープル)

フィガロ・ツェン ロング・インタビュー

http://www.apeople.world/ja/people/people_006.html

 

 

サイト運営元
株式会社アジアドキュメンタリーセンター
(ADC,Inc. /亞洲紀録片中心有限公司)
東京都渋谷区富ケ谷2-14-8-301
TEL (81)3-3481-0808
FAX (81)3-3481-8880
ADCHPへはこちらから
お問い合わせはこちらへ