ADCnews - アジア[台湾 中国 香港] 情報サイト

映像制作会社「アジアドキュメンタリーセンター」が気になる"アジア”のエンタメ・グルメ・世界遺産など、動画を中心とした取材でお伝えします。

【台湾映画情報】イギリス・台湾合作『THE RECEPTIONIST』(邦題『ザ・レセプショニスト』)5/10より 劇場公開

台湾出身の監督が全世界へ問いかける移民の闇。

世界各国の映画祭にノミネート、上映・受賞の問題作、第一回 熱海国際映画祭インターナショナルコンペ部門グランプリ受賞作品『THE RECEPTIONIST』が静岡県で先行上映したのち、全国上映へ。

 

f:id:adcnews:20190508163346j:plain

あらすじ
ロンドンの不法風俗マッサージパーラー。
客とアジア出身の女性たち、女経営者が家族の様な人間関係を装うが、しかし実態はお金とセックス、暴力に縛られた、虚構の世界。そこで働く女性たちは、移民であるが故に危険と隣り合わせの中、生き延びるのに必死でそこで働く。大学を卒業したばかりの台湾人ティナ(テレサ・デイリー)もロンドンで職にありつけずにそこで受付嬢として働く。周囲のイギリス人や恋人からまで白い目で見られるティナ。この映画は、自身もアジア出身の移民で、ロンドン在住のJenny Lu監督が、移民受け入れに舵を切った日本人に、移民する側の闇を問いかける。
公式より

 

f:id:adcnews:20190508163438j:plain

 

イギリス在住の女性監督Jenny Luが、この作品を撮るきっかけとなったのは、ロンドンのヒースロー空港で自殺をした中国人の友人が英国でセックスワーカーとして働いていたこと。


アジア移民の現実を映画として世の中に提示するために、Luはクラウドファンディングで資金を集め7年の歳月をかけて本作「THE RECEPTIONIST」を製作した。

 

 


『ザ・レセプショニスト』(THE RECEPTIONIST)予告編


2017年にソチ国際映画賞&フェスティバルで最優秀映画賞を受賞し、エジンバラ国際映画祭オフィシャルセレクションで上映されたほか、アジアン・アメリカン国際映画祭をはじめ、各国の映画祭で上映・受賞。2018年の第一回 熱海国際映画祭グランプリを受けて、日本国内での上映が決定した。

 

まずは、5月10日からイオンシネマ富士宮にて公開され、その後5月東阪名のイオンシネマをはじめ全国の映画館での公開を予定しているとのこと。ご興味がある方は公式サイトより公開情報をチェックください。

公開情報

 

f:id:adcnews:20190508163336j:plain
f:id:adcnews:20190508163344j:plain
映画『THE RECEPTIONIST』(邦題『ザ・レセプショニスト』)

5月10日(金)~5月16日(木)イオンシネマ富士宮にて公開。

公式サイトへはこちらから

 

監督:Jenny Lu (ジェニー・ルー|盧謹明)
台湾出身、英国在住の女性監督。今回が長編映画初監督となる。

出演:Teresa Daley (テレサ・デイリー|紀培慧)
アメリカ人父と台湾人の母を持つハーフで、アメリカ生まれの台湾育ち。台湾の映画やドラマで活躍。『ハロー、グッバイ』『トランスフォーマー/ロストエイジ』などに出演。

配給:ガチンコ・フィルム

【台湾映画情報】台湾文化センター映画上映イベント大盛況

大盛況とともに今年も始まりました。

 

f:id:adcnews:20190325115938j:plain

台北駐日経済文化代表処台湾文化センターとアジアンパラダイス共催による台湾映画上映&トークイベント「台湾映画の“いま”」。
3月30日に行われた第一回は、『High Flash ~引火点~(原題:引爆點)』を日本初上映。申し込み日に開始からわずか3 分間で満席となったのだそうです。

 

f:id:adcnews:20190405105032j:plain

会場の様子

このイベントの魅力は、映画の 鑑賞後に行われるトークショー。 台湾映画コーディネーターの江口洋子氏の作品解説と最新情報などにより、2000 年以降の台湾映画の多様性と奥深さを知ってもらい、台湾映画の現状と魅力をさらに広く伝えています。

 

f:id:adcnews:20190405104954j:plain

台湾文化センター 新センター長 王淑芳氏

3 月30 日、第一回の上映前に、台湾文化センターの 新センター長王淑芳氏は挨拶の中で「この活動が三年 あまりの間に多くの台湾映画ファンを生み、 さらに 日本で台湾文化のブランドイメージを築いています」 と述べました。さらに、台湾映画の市場における影響力を高め、すぐれた作品を引き続き日本市場に展開するため、5 月に『念念』の脚本家蔭山征彦氏と8 月は若手映像クリエイターを指導した姜秀瓊(チアン・シヨウチョン)監督をゲストとして招聘することも発表しました。

 

今年で4年目を迎えるこちらのイベント。このイベントから観光効果も生まれています。
昨年9 月の『古代ロボットの秘密(原題:奇人密碼 -古羅布之謎)』上映後のトークで、 霹靂布袋劇を実際に見たいという熱心な声があがりました。 これに応え霹靂インターナショナルマルチメディア社 とアジアンパラダイスが企画し、台湾・雲林にある霹靂布袋劇のスタジオ見学ツアーが実現しました。 4 月から7 月にかけて4回のツアーを発表。あっという間に各回とも満員となったそうです。これを受け、現在旅行会社も交えて追加ツアーを検討中とのことです。

 

f:id:adcnews:20190405105606j:plain

 

台湾人気も定着し、台湾映画も多くの注目が集まってきています。今後も楽しみですね。

 

イベントの今後の詳しいスケジュールは、前回のご紹介記事をご覧ください。

 

www.adcvnews.com

 

【台湾イベント情報】台湾のキャラクターが今年もやってくる!第9回ライセンシング ジャパン開催

日本最大!世界中からあらゆるキャラクターやブランドが一堂に集まる、ライセンシング商談展「ライセンシングジャパン」に今年も台湾のキャラクターがやってきます。

f:id:adcnews:20190325174646j:plain


 

「厳選した新鮮さを産地直送で」をコンセプトに、多元的でバラエティに富んだ10アイテムの台湾オリジナルキャラクターが一堂に会します。

 

今年の「FRESH TAIWAN」のメインビジュアルには、台湾旅行のお土産として大人気の茄芷袋(ガージ・漁師網バッグ)を用い、食文化や市場といった台湾ならではのモチーフを取り入れ制作したそうです。

出展キャラクター紹介を紹介します。

 

こめおやじ/Riceman & ミャオ/MYAOWL

社名:ACHTUNG! Co.,LTD
http://www.achtung.com.tw

►こめおやじ/Riceman

f:id:adcnews:20190327135700j:plain

こめおやじ/Riceman

デザインのコンセプトは「米」。「米」はアジアの主食で、いろんな食べ物とつながりがあり、アイディアとして膨らませることができます。「米」から生まれたこめおやじとペットの柴犬アワを中心に、身の回りのおかしな出来事を語ることで、若い人たちに米をもっと身近に感じてほしいと考えています。

►ミャオ/ MYAOWL

f:id:adcnews:20190327135735j:plain

ミャオ/ MYAOWL


ドSのアクニャとドMのモフニャカップルのやり取りはちょっとバカバカしくて可愛らしくてにぎやかです。表情豊かなにゃんにゃんカップルの愛情表現やおかしな日常がみんなの心を癒し、ほっこりしてもらえると嬉しいです。

バウンス/BOUNCE RABBIT

社名:ADORE MARKETING Co., Ltd
https://www.facebook.com/adoremkt/

f:id:adcnews:20190327140226j:plain

バウンス/BOUNCE RABBIT

バウンス・ラビットはスーパーパワーを秘めた耳を持つ可愛いウサギ。耳にスピーカーをセットすると素敵なリズムが広がります。音とともにピョンピョン跳ねちゃいましょう!


レディービーンズ/Lady Beans

社名: Decent Idea CO., LTD.

https://www.facebook.com/ladyredbeans/

f:id:adcnews:20190327140453j:plain

レディービーンズ/Lady Beans

レディービーンズは容器ごみでいっぱいになった未来の地球に生まれました。
根を下ろすことのできる大地を求め、カタツムリに乗って現代の台湾にタイムスリップ。世界がゴミ捨て場になるのを阻止しようとみんなに語りかけます。

 

三猫俱楽部/Three Cats Club

社名: Hao Mao Studio

三貓俱樂部

https://www.facebook.com/3catsclub/

f:id:adcnews:20190327140906j:plain

三猫俱楽部/Three Cats Club

海辺で生まれたお喋りなシューは、自分の縄張りは決して譲らないボス的存在。大学のキャンパスで拾われたすばしっこいラニーは壊し屋。作者の寵愛を受け、その悪戯はとどまるところを知らない。大雨の中拾われたチビは人見知りなかくれんぼの達人。食べすぎがたたって、幼いころのスマートな姿は見る影もない。拾われた三匹の猫が一つ屋根の下で出会い、三猫俱楽部を結成!

 

鬧一波大師/NowEPo

社名:hr entertainment. Inc.

鬧一波大師 NowEPo Official Channel - YouTube

鬧一波大師 - ホーム | Facebook

 

f:id:adcnews:20190327142312j:plain

鬧一波大師/NowEPo 

ナンセンスなばか騒ぎこそ座右の銘。特技は推理(そして常にズレている)で、みんなに愛されていると勘違いしているナルシスト。

暮らしはカルチャー。
暮らしは音楽。
暮らしは楽しむもの。
何が起こるかわからない日常はワクワクでいっぱい。

社長さんとサンマ/LaoBanZheYu

社名:INDOT IMAGE CO., LTD.

http://www.indot.com.tw

老闆這魚 - ホーム | Facebook

 

f:id:adcnews:20190327143327j:plain

社長さんとサンマ/LaoBanZheYu

子どものころ「社長さん」のあだ名で呼ばれていたのに、大人になったらただのサラリーマン。ある月末、財布にサンマ一匹分のお金しかない社長さんは魚屋へ。そこで「秋」というサンマと出会います。社長さんにとってもはや秋は食べ物ではなく、心が通い合う仲間。秋は社長さんの話し相手として、いつも肌身離さず着ける小物でもあります。

 

タコクマ/Takokuma

社名:Sunthingood

松原好日 Sunthingood Studio

https://www.facebook.com/love.takokuma/

f:id:adcnews:20190327143448p:plain

タコクマ/Takokuma

タコクマ(動物図鑑にはまだ出ていません)
海島生まれ。天真爛漫で嫌なことはすぐに忘れてしまう。リンゴが大好物で、一気に12個のリンゴが食べられる。旅の途中で多くの友達と知り合う。裏技はビッグサイズに変身することだが、まだ誰も見た者はいない。

チモ/Chimoz

社名:U&S Studio

U&S studio
https://www.facebook.com/uands2012/

f:id:adcnews:20190327143740j:plain

チモ/Chimoz

むかしむかしから地下に住みついている”チモ”(Chimoz)は裸足で手足が
毛むくじゃらの妖精。道に通じる穴から地上に出て面白いものを探したりしています。
前回チモが地上に出たのはかなり昔のこと。チモが裸足で大地に触れるのは地球への愛を、手足の毛が残っているのは生まれたときのままの自分を表現しているから。7種のチモは物語がたくさん伝わるところを旅しては、心を打つ物語を届けてくれます。

Yameme

社名:Xanthus Animation Studio

https://xanthusci.wixsite.com/animation
https://www.facebook.com/Yameme.tw/

f:id:adcnews:20190327144125j:plain

Yameme

都会と田舎の中間くらいのほどよい大きさの可愛らしい町・東閰鎮。ここには、古代の東洋の神話に出てくる人物、妖怪、動物がたくさん暮らしています。主人公・閰小妹(Yameme)は東閰鎮の鎮長のひとり娘で、東閰小学校三年生の女の子。クラスメートにはさまざまな妖怪たち、それから西洋からの留学生・迪米歐。閰小妹と迪米歐のでこぼこコンビが大活躍、いろいろな珍事件を巻き起こします。

 

開催概要

【第9回ライセンシングジャパン】
URL / http://www.licensing-japan.jp/ja-jp.html
会期 / 2019年4月3日(水)~4月5日(金) 10:00~18:00  
会場 / 東京ビッグサイト 西3ホール West Hall 3 (東京都江東区有明3-11-1)
台湾パビリオン / ブース番号 17~40

 

台湾パビリオン内とパンフレットにARを取り入れ、スマートフォンなどで読み込めばその場でキャラクター情報が浮かび上がり、キャラクターの魅力を存分に体感していただくことができます。

 

昨年も登場したキャラクターもあれば、今年日本初上陸となるキャラクターもあるということで、楽しみですね。
また今年は、表参道の文房具カフェでもグッズを購入できるそうですよ。

情報

イベント名:Fresh Taiwan Characters at 文房具カフェ
日 時:4月1日(月)~7日(日) 11時~22時
         ※2日(火)は定休日。4月3日(水)は17:00まで
場 所:文房具カフェ  〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-8-1 B1F

内 容:台湾キャラとクリエイターが日本上陸!作品展示とグッズ販売あり。
※ネットでの販売はございません

 

 

 

 

サイト運営元
株式会社アジアドキュメンタリーセンター
(ADC,Inc. /亞洲紀録片中心有限公司)
東京都渋谷区富ケ谷2-14-8-301
TEL (81)3-3481-0808
FAX (81)3-3481-8880
ADCHPへはこちらから
お問い合わせはこちらへ