読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADCnews - アジア[台湾 中国 香港] 情報サイト

映像制作会社「アジアドキュメンタリーセンター」が気になる"アジア”のエンタメ・グルメ・世界遺産など、動画を中心とした取材でお伝えします。

【台湾イベント情報】3/31-4/3台湾歌謡の父、鄧雨賢特別展示会及び音楽会 台湾文化センターで開催

鄧雨賢 台湾エンタメ 台湾文化センター

台湾歌謡曲発展の礎を作った鄧雨賢のメロディーは、日本人にとっても懐かしい。

f:id:adcnews:20170323201212j:plain

 

鄧雨賢は、1906年に台北桃園生まれ。日本の東京音楽学校で作曲を学ぶ

コロムビアレコードの専属作曲家として活動。その時のペンネームは「唐崎夜雨」。

日中戦争が激しくなってきたことを機に台湾へ戻り、100曲以上の楽曲を作曲。台湾の郷土風情を漂わせるメロディは多くの人々の心を掴み、今も多くの演奏家たちに支持されています。

鄧雨賢の名は知らなくても名曲「望春風」は聞いたことがある方は多いと思います。

今回、台北駐日経済文化代表処台湾文化センターでは、生誕111年の記念の年に鄧雨賢の功績を学べる展示や彼の孫である 鄧泰超による講演、そして鄧雨賢のメロディーを存分に楽しめる演奏会が行われます。

 

イベントの詳細は以下の通りです。

日本ともつながりの深い偉大な作曲家、鄧雨賢の世界をぜひ味わってみてください。

 

イベント開催情報

公式FBはこちら

日程:2017年3月31日(金)~4月3日(月)

3月31日(金)~4月3日(月)『四月望雨‧桜吹雪』鄧雨賢特別展示会

3月31日(金)14:00-16:00【講座】音楽と媒体(講演者:華姵/フランスでフルート修士号をダブル取得)

4月1日(土)と4月2日(日)14:00-15:00【講座】:台湾歌謡の父-鄧雨賢について勉強しましょう(講演者:鄧雨賢の孫 / 鄧泰超)

4月1日(土)と4月2日(日)15:15-16:45『四月望雨』台灣歌謠音楽会

会場:台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター

〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-1-12 虎ノ門ビル2階

TEL 03-6206-6180

※スケジュールは変更する可能性があります

【台湾イベント情報】台湾人アーティストLEE KAN KYOによる中国語講座開催

Lee Kan Kyo

僕が中国語を教えたら面白いと思うんです。
でも、真剣に学びたい方にはオススメできませんーーー LEE KAN KYO

f:id:adcnews:20170317084739j:plain

 チラシ広告や野菜ジュースの自撮り作品でおなじみの台湾人アーティスト、LEE KAN KYOさんが、今度は中国語教室を開催するのだそうです。

f:id:adcnews:20170317080300j:plain

その名も、「コ本や 歌う 台湾語 クラス」。

なんだか面白そうですが、よくわからない。

LEEさんに詳細をたずねました。

 

場所は北区王子にあるLEEさんの友人が経営している書店「コ本や」さん。「コ本」は古本のことで、古本だけではなく様々な作家やアーティストのが制作、発行した自費出版の雑誌も販売している、知る人ぞ知る人気のお店なのだそうです。

定期的にアーティストの個展も行う「コ本や」さん。LEEさんに中国語講座をやってはどうかと提案。LEEさんは快諾したそうです。

LEEさんも、せっかくやるなら変わった中国語講座をしたいと、決めたテーマが「歌」。日本の有名ソングの中国語カバーソングを日本で歌ったら面白いでしょってことらしいです。

曲は、小虎隊の「紅蜻蜓 」。長渕剛の「とんぼ」のカバーソングです。

小虎隊といえば、 ニッキー・ウー、ベニー・チェン、アレック・スーによる90年代一世を風靡したアイドルユニット。台湾版少年隊とか言われ(私の周りで)大人気でした。私は当時は中国に住んでいましたが、街では大量の小虎隊のカセットテープが売られていました。沢山日本語曲をカバーしていて、中国語勉強のため購入し繰り返し聴いていたことを覚えています。

この「紅蜻蜓 」はもともと長渕剛の曲だと知らない台湾の人もいるほどポピュラーな曲だとLEEさんは言います。台湾人にとっても懐かしき名曲なんですね。

LEEさんと一緒にとんぼを歌うイベント。

ご興味がある方はまだ、申し込めるそうですので是非ご参加下さい。

開催情報

「コ本や 歌う 台湾語 クラス」
参加費:1,000円
定員:15名
日時:3月20日15:00~17:00
場所:コ本や honkbooks(東京都北区王子1-6-13松岡ビル1F)
要予約です。お申込みは下記申し込みフォームから

注:台湾語と書いてありますが、國語講座です。

https://www.facebook.com/honkbooks/

 

【イベントリポート】日本料理を考える未来会議 開催

グルメ 日本料理アカデミー 菊乃井 SHOJIN宗胡 にんべん くろぎ 日本料理龍吟 日本橋ゆかり 更級堀井 椿山荘東京 神楽坂天孝 蕎麦割烹くらた 賛否両論

日本料理界を代表する個性的な顔ぶれが揃い日本料理の未来について大いに語る


2月26日に行われた日本料理アカデミー東京運営委員会発足記念セミナー「日本料理を考える未来会議」の模様をご紹介します。

 

f:id:adcnews:20170308180823j:plain

 日本料理アカデミー東京運営委員会の発足は2016年。

歴史ある老舗料亭のご主人や1代で名を成したるシェフと、個性豊かな面々が参加しているため意見をまとめるのに大変だったそうです。ここまでこぎつけるまでに1年もかかってしまったといいます。

今回、日本料理アカデミー東京運営委員会が初めてのイベントを開催。

満を持して行われたイベントは、料理人や経営者、素材を扱う店など、いろんな立場の方が登壇し、食に関する仕事に従事する方や学生に向けてセミナーを行いました。

オープニングでは、村田理事長、東京運営委員会堀井委員長が挨拶。東京運営委員会の発足した理由などを話しました。

 

 

チケットは、前売り段階でほぼ完売。セミナー開始の午前10時には、200名もの方が集まり、朝から熱気に包まれていました。

プログラムは全部で5つ。昼食を挟み夕方6時過ぎまで。

最初のプログラムは、「料理人・料理長を目指すみなさまへ」。


『賛否両論』のオーナー、笠原マスターの一代記をはじめ、現役料理人のみなさんの若かりし頃、どんなことを考えていたのか、どんな勉強をしていたのか、心構えなど貴重なお話を聞けました。

 

 

「これからの働き方 料理人のキャリアビジョン」では、料理人として働く上で何が必要なのか。日本料理に対する熱き思い、職場環境、これからの和食料理店のあり方について考えさせられるお話になりました。

 

 

日本料理の第一線で活躍する料理人たちが、様々な角度から話したこのイベント。プログラムの後半は更に熱いお話になり充実したものになりました。

 

ただ単に日本料理を目指す人やその関係者に向けての話に留まらず、直接日本料理と関係のない人たちにとっても、心構えや取り組む姿勢、人間関係など考えさせられる話ばかりでした。

 

最後に理事長の菊乃井主人村田さんにお話を伺いました。
我々日本人の誇りである日本食。実は、日本政府は、日本食を文化として認めていません。2013年に日本料理が世界遺産に登録され、海外で認められた結果、日本でも文化として認めよう、という動きが出ているそうです。

 

 日本料理の将来を考え動き出した東京運営委員会。今後の活動に注目です。

 

culinary-academy.jp

 

サイト運営元
株式会社アジアドキュメンタリーセンター
(ADC,Inc. /亞洲紀録片中心有限公司)
東京都渋谷区富ケ谷2-14-8-301
TEL (81)3-3481-0808
FAX (81)3-3481-8880
ADCHPへはこちらから
お問い合わせはこちらへ