ADCnews - アジア[台湾 中国 香港] 情報サイト

映像制作会社「アジアドキュメンタリーセンター」が気になる"アジア”のエンタメ・グルメ・世界遺産など、動画を中心とした取材でお伝えします。

【台湾映画情報】魏德聖監督「52Hzのラヴソング」日本公開決定!台ワンダフルステージで発表

もう二度とミュージカル映画は撮りたくないと思うほどの
大変な苦労の末、素敵な物語が出来ましたーーー魏德聖ウェイ・ダーション監督

f:id:adcnews:20170819230642j:plain

魏德聖ウェイ・ダーション監督は、『海角七号君想う国境の南』『セデック・バレ』の監督として、『KANO 1931海の向こうの甲子園』のプロデューサーとしてヒット作品を作り続けています。日本でもおなじみですよね。そんなウェイ監督による6年ぶりの新作『52Hzのラヴソング(原題:52赫茲,我愛你)』が日本で公開されることが決まりました。

今回はなんとラブストーリーです。

ものがたり
今日はバレンタインデー。花店のシャオシンの商売はかき入れ時だが、一緒に過ごす彼氏がいない。パン屋の孤独な職人シャオアンは注文品に紛れ込ませて、片想いのレイレイにプレゼントする特別なチョコレートを作る。この2人がそれぞれ車とバイクで配達中に接触事故を起こし、仕方なくバイクで一緒に両方の配達をする事になった。一方、10 年間同棲しているレイレイとダーハーは、別れとプロポーズという全く違う思惑でバレンタインデーの朝を迎えていた。(公式より)

タイトルに使われている“52Hz”とは、実在する「52ヘルツのクジラ」のこと。

通常10~40ヘルツの周波数で鳴き、互いにコミュニケーションをとるクジラ。しかし、世界にたった1頭だけほかのクジラとは違う52ヘルツで鳴くクジラがいるのだそうです。

ひとりぼっちで大海を彷徨っている世界で一番孤独なクジラの周波数“52Hz”。

監督はこのクジラをモチーフに、都会の孤独な人々に「決してひとりではない、I Love You!」というメッセージを贈りたいと、10年前から考えていた花屋の女の子とチョコレート店の男の子のラブストーリーをふくらませたのだそうです。

 

17曲ある劇中に流れる楽曲は全て映画のために作ったオリジナル。主要キャストはミュージシャンを採用しミュージカルに仕立て上げました。

台湾の人気バンド宇宙人(Cosmos People)の作詞作曲ボーカル&キーボード担当のシャオユー(小玉)を始め、もと棉花糖のシャオチョウ(小球)、『KANO~』で主題歌を歌ったトーテムのスミン、小男孩樂團のミッフィー(米非)など全員がリードボーカリストとして活躍しています。さらに『セデック・バレ』で素晴らしい歌声を響かせたリン・チンタイ(林慶台)、ベテラン歌手のシンディ・チャオ(趙詠華)が脇を固めます。

ほかにもリー・チエンナ(李千娜)、チャン・ロンロン(張榕容)や、『海角~』のファン・イーチェン(范逸臣)、マー・ニエンシェン(馬念先)、イン・ウェイミン(應蔚民)、ミンション(民雄)、田中千絵らも特別出演するというとても豪華な布陣。これだけで観たくなりますね。

 

日本公開が発表されたのは、台湾の音楽、文化を楽しめるイベント「2017 TAIWANDERFUL Music×Culture Event」の舞台上で。詰めかけた大勢のファンの前でサプライズ発表されました。

主要キャスト4人によるミニライブとともにその模様をご覧ください。

 続いて、ウェイ監督とキャストによる公開記者会見の模様をご覧ください。チームワークの良さが伺える楽しい記者会見となりました。

 

魏德聖ウェイ・ダーション監督最新作『52Hzのラヴソング』は2017年12月16日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開です。いまから楽しみですね。

上映情報

監督・脚本:ウェイ・ダーション(魏德聖)
脚本:ヨウ・ウェンシン(游文興)、スー・ダー(蘇達)
撮影:チン・ディンチャン(秦鼎昌)
主演:リン・ジョンユー(林忠諭※宇宙人の小玉)、ジョン・ジェンイン(荘鵑瑛※ex.棉花糖の小球)、スミン、チェン・ミッフィー(米非※小男孩樂團の米非)、リン・チンタイ(林慶台)、シンディ・チャオ(趙詠華)
特別出演:リー・チエンナ(李千娜)、チャン・ロンロン(張榕容)、ファン・イーチェン(范逸臣)、他
【2017年/台湾/109分/カラー/原題:52赫茲,我愛你】
字幕翻訳:藤原由希
提供:ポリゴンマジック
配給・宣伝:太秦
🄫2017 52HzProduction ALL RIGHTS RESERVED.

【台湾イベント情報】台ワンダフル2017 記者会見

f:id:adcnews:20170819091808j:plain

台湾の音楽、文化を堪能できる夏の恒例イベント「2017 TAIWANDERFUL Music × Culture Event」が今年も恵比寿リキッドルームで行われました。

4年目を迎える今年はなんと入場料無料。

 会場では台湾料理やスイーツ、可愛らしい雑貨などを販売していました。

 

f:id:adcnews:20170819101416j:plain

f:id:adcnews:20170819101514j:plain

f:id:adcnews:20170819101658j:plain

f:id:adcnews:20170819101754j:plain

 

イベントのメインは、ステージで行われる【MUSICの部】。

メディアに向けた記者会見では、2アーティストとミュージカル映画「52Hz, I love You」の魏德聖監督や出演陣が集まりました。

 

イベントの前に行われたイベントの模様をご覧ください。

 

和気藹々の雰囲気そのままに行われた、ステージの模様は準備が出来次第ご紹介させて頂きます。

 

www.adcvnews.com

www.adcvnews.com

www.adcvnews.com

 

 

 

【台湾映画情報】映画『星空』の日本公開が決定

台湾の国民的人気絵本作家ジミー ・リャオの名作『星空』が5年の時をこえ、ついに日本公開が決定しました。

f:id:adcnews:20170802083417j:plain

 ジミーは台湾では知らない人はいない絵本作家。『星空』はジミーの代表作です。

この作品を映像化したのは、『九月に降る風』『百日告別』のトム・リン監督。

2012年に大阪アジアン映画祭の特別招待作品として上映され大好評。しかし、日本の版権の問題でなかなか上映されず幻の作品となっていました。

 

f:id:adcnews:20170802142845j:plain

彼女の家はすてきな美術品に囲まれていた。だけど、美術商の両親は出張がちで離婚も秒読み。優しかった彫刻家のお爺ちゃんも死に、ついに居場所がなくなった。そんな時、スケッチブックを抱え街を彷徨う不思議な転校生に出逢った。子どもと大人の世界の真ん中、心に傷を負った二人は旅に出る。あの寂しくて眩しい星空を見るためにーー。(公式より)

 

f:id:adcnews:20170802143007j:plain

 

主演はシュー・チャオ。『ミラクル7号』でチャウ・シンチーの息子役で話題になりました。そして、映画初主演のリン・フイミン。

f:id:adcnews:20170802143131j:plain

 

脇を固めるのは、『百日告別』で主演したシー・チンハン(MAYDAY)やグイ・ルンメイなど。

f:id:adcnews:20170802143100j:plain

f:id:adcnews:20170802143037j:plain

 

スタッフも豪華です。台湾だけでなく、中国、韓国、フランスから集結し、音楽は日本のworld's end girlfriendが参加したそうです。

 

 

映画は10月28日(土)よりK's cinemaほか全国で順次公開されます。

待ちに待った日本公開。是非劇場でジミーの世界に浸ってください。

 

公開情報

f:id:adcnews:20170802095200j:plain

出演:シュー・チャオ(徐嬌)リン・フイミン(林暉閔)レネ・リウ(劉若英)ハーレム・ユー(庾澄慶)ケネス・ツァン(曾江)ジャネル・ツァイ(蔡淑臻)シー・チンハン(石錦航)
特別出演:グイ・ルンメイ(桂綸鎂)

監督・脚本:トム・リン(林書宇)

撮影:ジェイク・ポロック(Jake Pollock
美術:ツァイ・ペイリン(蔡佩玲)
特殊効果:チャン・ソン(常松)、ワン・ジンプー(老A)、リー・ミンシュン(李明雄)

音楽:worlds end girlfriend
音響:ドゥー・ドゥージー(杜篤之)
主題曲:MAYDAY五月天

原作:ジミー・リャオ(幾米)「星空(トゥー・ヴァージンズ刊)」

2011年/台湾・中国/中国語/99分/シネマスコープ
 原題:星空(英題:Starry Starry Night)】

日本版字幕:島根磯美
協力:江口洋子
統括:柳川由加里提供:ポリゴンマジック
配給・宣伝:太秦

©HUAYIBROTHERSMEDIACORPORATIONTOMSON INTERNATIONAL ENTERTAINMENT DISTRIBUTION LIMITED  FRANKLIN CULTURAL CREATIVITY CAPITAL CO.,LTD  ATOM CINEMA CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED

 

 

個人的には、『流星花園』の主題歌でおなじみのハーレム・ユーの出演が気になっています。

 関連記事

www.adcvnews.com

www.adcvnews.com

 

 

サイト運営元
株式会社アジアドキュメンタリーセンター
(ADC,Inc. /亞洲紀録片中心有限公司)
東京都渋谷区富ケ谷2-14-8-301
TEL (81)3-3481-0808
FAX (81)3-3481-8880
ADCHPへはこちらから
お問い合わせはこちらへ